close

2021.07.23

テクニック

アプローチショット&ドライブボレーの悩みを解消するための、ちょっとした「コツ」を紹介!(12) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

今回は、アプローチショットとドライブボレーをうまく打つための簡単ポイントをお届け!


[アプローチショット] 上達ワード46
アプローチショットがロングになる…
「インパクト直前からスイング速度を上げる」

いわゆる“万振り”は厳禁! 確実にいいショットを打つためにも、「インパクト直前からスイング速度を上げる」ようにするのがポイントだ。


ミスを減らすためにも、インパクト直前までは丁寧にスイングを (写真:N.キリオス[オーストラリア])


[ドライブボレー] 上達ワード47
ドライブボレーを決めたい…
「右ヒザを曲げてタメをつくり、パワーの源に」

ドライブボレーはスイング速度が必要。そこで、スイングの前に「右ヒザを曲げてタメをつくる」ことがカギ。ヒザの曲げ伸ばしをスイングのパワーに変えるのだ。


ここでのヒザの曲げがパワーの源になる! (写真:S.チチパス[ギリシャ])


【次の記事】「ドライブボレーを決めたい」という悩みを解消するための、ちょっとした「コツ」を紹介!(13) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

注⽬の記事PICK UP