close

2021.07.29

選手情報

錦織圭、メダル獲得へ世界1位のジョコビッチに挑む。7月29日の試合予定 [東京オリンピック]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、準々決勝でジョコビッチと対戦。第1試合は15時以降開始

「選手の健康のため、協議をした結果、7月29日(木)から試合開始時間が15時になります」。昨日、ITFから発表があったとおり、本日からスタートの時間が15時となる。
東京オリンピックテニス競技6日目、7月29日のオーダー・オブ・プレー(試合予定)が発表。6日連続での試合となる錦織圭(日清食品/世界ランク69位)は、準々決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)とセンターコート第2試合で対戦する。

【画像】東京オリンピックテニス競技 7月29日試合予定
【画像】錦織圭、東京オリンピックミニ写真館

対戦成績は2勝16敗。2019年全豪オープン準々決勝以来の対戦となる。最後に勝利したのは、準優勝を果たした2014年USオープンの準決勝。この時は、6-4、1-6、7-6(4)、6-3で勝利しており、以来15連敗を喫している。ツアーにおいて最も倒すことが難しい相手と言っていいジョコビッチをもちろん倒すことは簡単ではないだろうが、日本でのオリンピック。地の利を生かして、チャンスを見い出してほしい。

また、コート2の第2試合には、混合ダブルス準々決勝が行われ、マクラクラン勉(イカイ)と柴原瑛菜(橋本総業HD)が登場。ベスト4入りをかけて、第4シードのアンドレイ・ルブレフ/アナスタシア・パブリチェンコワ(ロシア)と対戦する。

その他、センターコートでは女子シングルス準決勝の2試合、第4シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同6位)とマルケタ・ボンドロウソワ(チェコ/同42位)、第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス/同12位)と第15シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同20位)が、決勝進出をかけて対戦する。

■7月29日(木)テニス競技6日目日本人試合予定 ※[]はシード
センターコート
第2試合:錦織圭(日清食品)×ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

コート2
第2試合:マクラクラン勉(イカイ)/柴原瑛菜(橋本総業HD)×アンドレイ・ルブレフ/アナスタシア・パブリチェンコワ(ロシア)[4]

【特集】東京オリンピック・パラリンピック

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP