close

2021.08.10

選手情報

錦織圭が日本人トップの55位に。今週からATPマスターズ1000トロント大会が開催。8/9付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭が日本人トップの55位、西岡良仁は1つ順位を下げた57位に

8月9日、ATPは世界ランキングを更新。錦織圭(日清食品)が日本人トップとなる55位に上昇、西岡良仁(ミキハウス)は1つ下げた57位となった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

先週行われた「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)で、約2年3ヵ月ぶりにツアー4強入りを果たした錦織は、67位から12上げた55位にランクイン。同大会の初戦で右足のケガにより途中棄権していた西岡を抜いて、約1ヵ月ぶりに日本人トップの座を奪い返した。

同大会で今シーズン2勝目を挙げた19歳、ヤニック・シナー(イタリア)が自己最高ランキングとなる15位を記録。錦織を破り、ツアー大会で初の決勝進出を果たしたマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)は、107位から64位へと一気に上昇した。

また、大会出場のなかったステファノス・チチパス(ギリシャ)だが、ラファエル・ナダル(スペイン)を抜いて、自己最高ランキング3位に。2019年3月にトップ10入りを果たしてから約2年5ヵ月でトップ3に入った。

今週は、「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・トロント/ATPマスターズ1000)が開催。シングルスでは、錦織と予選を勝ち抜いた西岡が本戦に、ダブルスでは「シティ・オープン」を制したマクラクラン勉(イカイ)がレイベン・クラーセン(南アフリカ)と組んで出場する。1回戦で、錦織はミオミール・ケマノビッチ(セルビア/同59位)と、西岡はラッキールーザーのフランシス・ティアフォー(アメリカ/同52位)との対戦となった。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録