close

2021.08.08

選手情報

<一問一答>錦織圭、フルセットの熱戦も惜敗。2年7ヵ月ぶりの決勝進出ならず「彼のレベルがまったく落ちなかった」 [シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、世界107位マクドナルドにフルセットで敗戦「彼がすごい良かった」

8月7日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)大会6日目、錦織圭(日清食品/世界ランク67位)は、シングルス準決勝でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同107位)と対戦。4-6、6-3、5-7のフルセットの末に敗れ、約2年7ヵ月ぶりのツアー決勝進出とはいかなかった。

【動画】錦織圭、2時間45分の激闘も惜敗「シティ・オープン」大会6日目ハイライト

この日の試合、錦織は試合序盤から積極的な攻撃を見せるマクドナルドに2度のブレークを許し第1セットを落としたものの、続く第2セットでは、2-3から一気に4ゲームを連取し試合をファイナルセットに持ち込む。そのファイナルセットでは、激しいラリー戦が繰り広げられ、互いにサービスキープが続いた。このままタイブレークに突入すると思われたが、5-6で迎えた第12ゲームで錦織は30-0とするも、そこからマクドナルドにセカンドサーブをハードヒットされ、4連続でポイントを失い、フルセットの末に敗れた。試合時間は2時間45分の熱戦だった。

「攻撃的なテニスを最初から仕掛けられ、下がり気味になってしまった」と振り返った錦織。「自分が悪いというよりは、彼がすごい良かった」と、最後まで攻撃を貫いたマクドナルドを褒め称えた。

次戦、錦織はATPマスターズ1000トロント大会に出場。この日、本戦ドローが発表され、初戦で世界ランク59位のミオミール・ケマノビッチ(セルビア)との対戦が決まった。
だが、東京オリンピックのテニス競技開幕からこの2週間でシングルス、ダブルス合わせて12試合を戦っている錦織。タフなスケジュールということもあり、出場について「今のところまだわからない」とした。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.マクドナルドの意外だったところ、思っていたよりも良かったところはどこでしょうか?

「思っていたよりもむちゃくちゃよかったですね。たぶん(マクドナルドは)ベストなプレーをしたと思うので、想定外ではありました。攻撃的なテニスを最初から仕掛けられていたので、自分が下がり気味になってしまった。ファイナルは、そんなに悪いと思っていないですけど、彼のレベルがまったく落ちなかったので、どっちかというと自分が悪いというよりは、彼がすごい良かったのかなと感じました」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ