close

2021.09.02

選手情報

錦織圭戦は午前4時以降、日本人9選手が登場する大会4日目の試合予定 [USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織はアメリカの新鋭マッケンジーと対戦

現地9月1日、USオープンは大会4日目(9/2)の試合予定を発表。錦織圭(日清食品/世界ランク56位)、土居美咲(ミキハウス/同97位)のシングルス2回戦をはじめ、日本人9選手が出場する。 

【画像】錦織圭・土居美咲が出場、USオープン4日目の試合予定表


錦織は、17番コート第3試合(日本時間3日4時以降開始)で、マッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同61位)と対戦する。

1回戦、錦織は、サルバトーレ・カルーソ(イタリア/同113位)と対戦。右肩のコンディション不良のため、約3週間ぶりの試合だったが、第1セット、第2セットはそれぞれ1ゲームしか与えない絶好調ぶりを披露。第3セットを5-7で奪われたが、第4セットを6-3で締めて勝利。

マクドナルドとは、8月上旬の「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)準決勝で対戦。4-6、6-3、5-7とフルセットで敗れている。

それもあって記者会見では、マクドナルド戦に向けて「こういうサーフェスが好きそうな選手なので、若干怖さはありますね。あの時の試合も、すごい彼はいいテニスをしていましたし、ミスなく卒なくフラットで両サイド、ミスなくできますし、ディフェンスもフラット系が多いので伸びてくるショットも多いのかなと想像するので、意外と強敵なのかなと思っています。この前、負けていることもありますし、頑張りたいですね」と語っている。今回の対戦でのリベンジに期待したい。

そして錦織戦の前、17番コート第2試合には、2016年のウィンブルドン以来となるグランドスラム2回戦進出を果たした土居が登場。第23シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ/同25位)と対戦する。

対戦成績は1勝4敗。土居同様に、強打のストロークを武器としているだけに、激しい打ち合いが予想される。なんとか粘って、ミスを引き出してシードダウンを狙いたい。

また、男女ダブルス1回戦には、日本人7選手が出場する。まず10番コート第4試合には、マクラクラン勉(イカイ/同37位 ※以下ダブルス順位)/レイベン・クラーセン(南アフリカ/同23位)が登場。ミッチェル・クルーガー(アメリカ/同241位)/マイケル・モー(アメリカ/同282位)ペアと対戦する。

12番コート第4試合で、第3シードの青山修子(近藤乳業/ダブルス同9位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/同9位)が登場。マディソン・ブレングル(同407位)/クレア・リュー(同465位)のアメリカペアと対戦。さらに、4番コート第5試合では、二宮真琴(エディオン/同51位)/リュドミラ・キチェノク(ウクライナ/同44位)が、ヒリート・ミネン(ベルギー/同121位)/アリソン・バン・ウィトバンク(ベルギー/同116位)ペアと対戦する。

前週、青山/柴原ペアは「テニス・イン・ザ・ランド」(アメリカ・クリーブランド/WTA250)で優勝(今季5勝目)、二宮ペアは「シカゴ女子オープン」(アメリカ・シカゴ/WTA250)で準優勝と好調なだけに、今大会でも期待は高まる。

そして15番コートには日本人3選手の試合が登場する。
第2試合には、2019年USオープン以来のグランドスラム出場となる穂積絵莉(日本住宅ローン/同111位)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド/同113位)が登場。ユリア・ロホフ(ドイツ/同75位)/リジア・マロザワ(ベラルーシ/同81位)と対戦する。

第4試合には、日比野菜緒(ブラス/同63位)/ケイトリン・クリスチャン(アメリカ/同61位)が登場。アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ/同634位)/レナタ・ボラコワ(チェコ/同94位)と対戦する。

そして第6試合には、加藤未唯(ザイマックス/同79位)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ/同62位)が登場。ビクトリア・クズモワ(ストバキア/同36位)/アランチャ・ルス(オランダ/66位)と対戦する。

■USオープン4日目(9/2)日本人選手の試合予定
【17番コート】
第2試合:土居美咲(ミキハウス/同97位)×ジェシカ・ペグラ(アメリカ/同25位)[23]

第3試合(現地15時以降/日本時間AM4時以降):錦織圭(日清食品)×マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)

【10番コート】
第4試合:マクラクラン勉(イカイ/レイベン・クラーセン(南アフリカ) ×ミッチェル・クルーガー(アメリカ)/マイケル・モー(アメリカ)

【12番コート】
第4試合:青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)[3]×マディソン・ブレングル(アメリカ)/クレア・リュー(アメリカ)

【4番コート】
第5試合:二宮真琴(エディオン)/リュドミラ・キチェノク(ウクライナ)×ヒリート・ミネン(ベルギー)/アリソン・バン・ウィトバンク(ベルギー)
 
【15番コート】
第2試合:穂積絵莉(日本住宅ローン/同111位)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド/同113位)×ユリア・ロホフ(ドイツ/同75位)/リジア・マロザワ(ベラルーシ/同81位)

第4試合:日比野菜緒(ブラス/同63位)/ケイトリン・クリスチャン(アメリカ/同61位)×アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ/同634位)/レナタ・ボラコワ(チェコ/同94位)

第6試合:加藤未唯(ザイマックス/同79位)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ/同62位)×ビクトリア・クズモワ(ストバキア/同36位)/アランチャ・ルス(オランダ/66位)

【特集】USオープン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録