close

2020.03.18

大会情報

全仏延期発表は独断!? レーバーカップ、USTAが声明を発表

日本時間3月18日未明に発表となった全仏オープンの延期および代替日程(9月20日~10月4日)。その決定に対して、さまざまな反応が起きている。


全仏の代替日程と丸被りとなってしまったレーバーカップが不満めいたリリースを発表

開催予定が重なってしまったレーバーカップは、メディアに対して「フランス連盟の決定は、我々、そしてテニス・オーストラリア、USTA、ATPというパートナーにとって、サプライズでした。レーバーカップは9月25日~27日、ボストンで予定されていてチケットも完売している。現時点では予定どおり開催の予定です」とリリースを送付。そのメッセージの下にも<レーバーカップは、チーム8、テニス・オーストラリア、USTAとジョルジ・パウロ・レマンと協力関係にあり、ATPツアースケジュールの一部です>と記載されている。
レーバーカップにとって、寝耳に水の発表だったようだ。


“自分たちで決めるべきものではありません”、USTAも、フランス連盟に対して皮肉めいた内容を発表

またUSオープンは、SNS上で声明を発表。「USオープンは予定どおりに進めており、変更はありません。しかし、前例のない状況下にあり、大会延期も含めてすべてのオプションを検討しています。開催については世界と協議することであり、一方的に自分たちで決めるべきものではありません。そのため、USTAは、単体でなく他のグランドスラム大会、WTA、ATP、ITF、そしてレーバーカップを含むパートナーと相談していきます」と記されている。
フランス連盟がどこまで他の機関と相談したのかは不明だが、レーバーカップにしても、USオープンにしても、その声明に不満が見て取れる。


ウィンブルドンは現時点では開催予定と発表

一方、ウィンブルドンも本日、メディア向けにリリースを発表。「政府の勧告にも従いつつ、新型コロナウイルスの状況を注視しているということ」「また会場であるオールイングランド・ローンテニスクラブの施設を閉鎖し、職員も限られたメンバーのみが施設内にいるが、そのほかのメンバーはテレワークを行っていること」「現状では、予定どおりに大会を開く予定で進めていること」を明らかにしている。

日本人にとって気になるのは、10月5日~10月11日開催のジャパンオープンに関しても、全仏オープンの影響を受けるであろうこと。

この騒動はどうなっていくのか。今後の動向をしっかり確認していきたい。

関連する記事RELATED