close

2021.09.13

選手情報

内山靖崇主催の男子国内大会「Uchiyama Cup」、島袋将が初代シングルスチャンピオンに輝く!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

優勝した島袋将と準優勝の白石光

早稲田大学テニス部OBと
現役大学生の顔合わせとなった決勝戦


現役プロテニスプレーヤーの内山靖崇(積水化学工業)が立ち上げ、9月5日から北海道・札幌市平岸庭球場にて開催された男子国内大会の『Uchiyama Cup』。最終日を迎えた9日12日(日)、シングルス決勝が行われた。

【画像】試合結果(ドロー表)とプレー写真はこちら

【動画】「Uchiyama Cup」シングルス決勝の動画はこちらから

第1シードの島袋将(有沢製作所)と白石光(早稲田大学)の対戦は、早稲田大学テニス部OBと、現役大学生との顔合わせ。互いにキープが続く中、第1セット。試合が動いたのは2度の雨による中断後の第6ゲーム。白石の動きが鈍り、珍しくストロークのミスでポイントを失う。島袋はネットアプローチでプレッシャーをかけ、フォアボレーのウイナーで白石のサービスゲームをブレークした。

島袋リードの5-2で再び雨により中断となる。雷もありインドアコートへ移動し、約3時間後に試合が再開された。お互いキープで第1セットは島袋が取った。

第2セットはインドアへの移動によって、風の影響を受けずにボールを思い切り叩けるようになった島袋が、白石の第1ゲームをいきなりブレーク。その後のサービスゲームを危なげなくキープし、「Uchiyama Cup」初代シングルス王者に輝いた。

敗れた白石は「(1stセットブレークされたゲームは)お互いそうだったとは思うけど、雨の直後で正直、足元に不安があった。インドアへ移動してからは(島袋)将さんがプレッシャーなくサーブを打ってきて、とにかくリターンが返らない。正直ブレークは難しかった。とはいえ、両セットとも1ブレーク、第2セットでブレークされた後もなんとかついていって、キープはできた。将さんは、この大会で一番戦いたい相手だった。自分の何が通用して何が足りないのかということも理解することができたと思う。試合が終わった後、握手の時は将さんに、冗談で『まだまだだな』と言われました(笑)」とコメント。

優勝した島袋は「学生で実績を出していて、力もつけているし、練習もよく一緒にしている白石が相手ということで、どこまでくるか、ということを受け止めつつ落ち着いてプレーができた。第1セットの第6ゲームは中断から再開直後の白石のサービスゲームだったので、ブレークするならここだろうと思って、プレッシャーをかけていった。インドアへ移動し、風など気にすることなくサーブは打てるようになってはいたが、白石の粘り強さはわかっていたし、いろいろなことをやってくるので安心はしていなかった。第1セット5-3、15-30までいったところを我慢してキープできたのが大きかったと思う」と試合を振り返り、「2回戦で足首を痛め、コンディションは万全ではなかったが、優勝して終わりたいという目標があったので、最後まで戦えたことにとても満足しているし、今後につなげていきたいと思っている。勝たないといけないという自分にプレッシャーをかけながら優勝できたこと、初代の王者になれたことはうれしい」と笑顔を見せた。



【Uchiyama Cupとは?】
現役プロテニスプレーヤーの内山靖崇が、「テニスファンの方々、子どもたちにプロのテニスを間近で見てもらう機会をつくりたい、応援してくれる人が多くいる地元・北海道への恩返しをしたい」という思いを込めて立ち上げた大会。ITF大会を目指し、プロツアーを転戦しつつ準備を進めてきたというが、今年はコロナ禍の影響もあってJTT-1での開催となった。これからのテニス界の発展を考え、「Uchiyama Cup」をいずれは国際大会に、また、全国で5大会開催を目標にするという。

【Uchiyama Cup大会要項】
■公認:公益財団法人日本テニス協会
■主催:内山靖崇
■運営:Uchiyama Cup 実行委員会
■協賛:積水化学工業株式会社、工新建設株式会社、株式会社ロイヤル・アーツ、株式会社COMP、株式会社エイチ・アイ・エス、合同会社トータルメディアファクトリー、株式会社ACE、ウインザー商事株式会社、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社 ほか
■期日:予選9月5日(日)〜6日(月)、本戦9月7日(火)〜12(日)
■会場:札幌市平岸庭球場(ハードコート:デコターフ)
〒062-0935 北海道札幌市豊平区平岸五条19-2-1
■種目:男⼦シングルス本戦32ドロー・予選32ドロー、男⼦ダブルス本戦16ドロー
■試合方法:
シングルス本戦:ベストオブ3タイブレークセットマッチ
シングルス予選:2タイブレークセットおよび10ポイントマッチタイブレーク方式
ダブルス本戦:ノーアドバンテージ2タイブレークセットおよび10ポイントマッチタイブレーク方式
■使用球:TecnifibreX-One(JTA公認球)
■ボールチェンジ:本戦7/9(6球)、予選7/9(4球)
■賞金総額:300万円
■カテゴリー:JTT–1大会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=長浜功明/Uchiyama Cup

注⽬の記事PICK UP