close

2021.09.11

選手情報

現役プロテニス選手、内山靖崇が立ち上げた男子国内大会「Uchiyama Cup」シングルスの準決勝進出者が決まる

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

唯一大学生で準決勝に進んだ早稲田大学・白石光

内山靖崇がつくり上げた
賞金総額300万円の国内大会!

現役プロテニスプレーヤーの内山靖崇(積水化学工業)が、「テニスファンの方々、子どもたちにプロのテニスを間近で見てもらう機会をつくりたい、応援してくれる人が多くいる地元北海道への恩返しをしたい」という思いを込めて立ち上げた『Uchiyama Cup』。同大会が9月5日から北海道・札幌市平岸庭球場にて男子国内大会として開催されている。9日10日に本戦4日目を迎え、シングルス準々決勝4試合とダブルス準々決勝1試合、準決勝2試合が行われた。

【画像】試合結果(ドロー表)とプレー写真はこちら

【動画】「Uchiyama Cup」シングルス準々決勝2試合とダブルス2試合はこちらから

シングルス準々決勝4試合のうち、3試合がファイナルセットにもつれる展開に。竹島駿朗(Team REC)は長いラリー戦を制し岡村一成(橋本総業ホールディングス)に勝利。準決勝に進出した竹島は「ベスト4はうれしい結果」と喜びをあらわにし、「最近はジュニアの育成に携わっていることで、練習時間は以前よりも減ってはいるが、逆に集中してできるようになり、こうしたらもっとよくなるということを(ジュニアに)教えつつ自分でもいろいろ考えられるようになってきている」ともコメント。準決勝へ向けては、「準決勝だからといって気負うことはなく、自分のできることをやっていきたい。大会がなくなっている中、皆さんのご尽力で開催していただいているのでそれをありがたく思いつつ、自分のできることをやっていきたい」と意気込みを語った。

大学生で唯一勝ち残っている白石光(早稲田大学)は我慢強い展開で、33歳の竹内研人(橋本総業ホールディングス)から勝機を見いだした。試合後、白石は「1stセットはサービスゲームをブレークされずに取れたが、2ndセットは竹内(研人)さんのサーブから始まり、相手はすんなりキープできるけれど、自分はキープに苦戦する展開になってしまった。スコアは5-7と競ってはいるが、心の中はモヤモヤしていたし、精神的にはもっとスコア以上に差があるという、自分の中では厳しい状況だった。ファイナルセットも竹内さんからサーブが始まる中、同じ展開になるのは嫌だったので、ファーストゲームをしっかり集中してブレークできた。ここをブレークできたのが、とても大きい。大学生の強みはファイナルセットに入っても、再びファイトできるところだと思うので、それは生かせたと思う」と振り返っていた。

そして、鈴木昂(イカイ)は守谷総一郎(Team REC)を第3セットで圧倒し、第1シードの島袋将(有沢製作所)は楠原悠介(伊予銀行)に6-1、6-2のストレートで勝利を収めている。ダブルスでは、河内一真(フリー)/鈴木昂ペア、柚木武(チームralosso)/楠原悠介ペアが決勝に進出した。

なお、同大会の試合の模様は、内山靖崇のYouTubeチャンネル「内山靖崇のうっちー教室」でライブ配信予定となっている。

■9月11日(土)の試合予定
【Aコート】10:00〜 ※[ ]はシード順位
男子シングルス準決勝:白石 光[4] ×鈴木 昂
男子シングルス準決勝:島袋 将[1] ×竹島駿朗[6]
男子ダブルス決勝:河内一真/鈴木 昂×柚木 武/楠原悠介
表彰式



【Uchiyama Cup大会要項】
■公認:公益財団法人日本テニス協会
■主催:内山靖崇
■運営:Uchiyama Cup 実行委員会
■協賛:積水化学工業株式会社、工新建設株式会社、株式会社ロイヤル・アーツ、株式会社COMP、株式会社エイチ・アイ・エス、合同会社トータルメディアファクトリー、株式会社ACE、ウインザー商事株式会社、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社 ほか
■期日:予選9月5日(日)〜6日(月)、本戦9月7日(火)〜12(日)
■会場:札幌市平岸庭球場(ハードコート:デコターフ)
〒062-0935 北海道札幌市豊平区平岸五条19-2-1
■種目:男⼦シングルス本戦32ドロー、予選32ドロー
男⼦ダブルス本戦16ドロー
■試合方法:
シングルス本戦:ベストオブ3タイブレークセットマッチ
シングルス予選:2タイブレークセットおよび10ポイントマッチタイブレーク方式
ダブルス本戦:ノーアドバンテージ2タイブレークセットおよび10ポイントマッチタイブレーク方式
■使用球:TecnifibreX-One(JTA公認球)
■ボールチェンジ:本戦:7/9(6球)、予選:7/9(4球)
■賞金総額:300万円
■カテゴリー:JTT–1大会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=長浜功明/Uchiyama Cup

注⽬の記事PICK UP