close

2021.09.11

選手情報

ジョコビッチ、ダブルの偉業に王手! ズベレフとの死闘制し「自分の戦いを誇りに思う」[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジョコビッチが偉業に王手! 東京五輪で敗れたズベレフに雪辱

USオープン男子シングルス準決勝が9月10日に行われ、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)が、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)を4-6、6-2、6-4、4-6、6-2のフルセットで下し、男子では52年ぶりの年間グランドスラム、そして史上最多となるグランドスラム21度目の優勝に王手をかけた。試合後には、「自分の戦いを誇りに思う」と語った。

【動画】ジョコビッチが東京五輪で敗れたズベレフに雪辱! マッチハイライト

この日の試合でジョコビッチは、第1セットを落としてからプレーの質を上げて2セットを連取するもストローク戦でズベレフに押される場面が見られ、フルセットまで試合がもつれてしまう。しかし、ファイナルセットでは第2ゲームでリードを奪うと、そこから5ゲームを連取。一気にズベレフを突き放し、USオープンでは3年ぶり9度目の決勝進出を果たした。

試合後、ジョコビッチは「今大会での最大の戦いだった。ズベレフはすごく調子が良かった。彼は今大会、あまりセットを落としていないし、オリンピックとシンシナティでも優勝して絶好調だ。彼に打ち勝ち、勝利することは大きなチャレンジであり、課題であるとわかっていたんだ」とコメント。

さらに、「第1セットを失った後、今大会で勝った他の試合と同じように第2、第3セットで良いテニスができた。第3セットを獲得できたことは安心感と大きなアドバンテージになったね。第4セットでは集中力を欠いて、それを利用されてしまった。彼のサーブは正確で強力だからブレークバックするのは大変なんだ。でも、素晴らしい勝利だ。自分の戦いぶりを誇りに思う。いくつかの場面ではもっといいプレーができたかもしれない。だけど、最も重要なセットである第5セットで最高のテニスができたことに満足するしかない」とズベレフとの激闘を振り返った。

決勝では、全豪オープンの決勝でも対戦している第2シードのダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)と対戦。男子では52年ぶりの年間グランドスラムと史上最多21度目のグランドスラム優勝をかけた戦いの相手として、不足はない。

「オンコートインタビューで言ったように、次の試合は僕のキャリアの中で最も重要な試合になるかもしれないから、最後の試合だと思って戦うつもりだ。メドベデフという絶好調の選手との戦いで、彼はハードコートで多くの勝利を挙げている。今年の全豪決勝でも対戦しているし、何を期待されているかはわかっているよ。彼はグランドスラム初優勝のために全力を尽くしてくる。僕もこの試合に勝つために持てる力のすべてを出し切るよ」と、ジョコビッチは偉業達成に向けて意気込んだ。

決勝は12日16時(日本時間13日5時)に行われる。

【特集】USオープン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP