close

2021.09.11

選手情報

国枝慎吾、リードに逆転勝利し2年連続10回目となる決勝進出[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

リードの強打に苦しみながら活路を見出した国枝

現地9月10日、USオープン車いすテニス男子シングルス準決勝、東京パラリンピック同競技金メダリストの第1シード、国枝慎吾(ユニクロ/世界ランク1位)は、ゴードン・リード(イギリス/同5位)と対戦。4-6、6-4、6-2で逆転勝利を果たし、2年連続10回目となる決勝進出を決めた。

【動画】第1セット第1ゲームでブレークした国枝慎吾


さすが世界No.1という見事な試合運びだった。第1セット第1ゲームでブレークした国枝だったが、直後のゲームでブレークバックを許す。その後、4オールで迎えた第9ゲームでもブレークされ、リードは続くゲームをキープ。4-6で第1セットを奪う。

リードの速いテンポでの強打に苦しんだ国枝。第2セットも第2ゲームで先にブレークを奪う。しかし、狭いコースにショットが決まっていくリードは、粘って直後のゲームでブレークバック。2オールで迎えた国枝のサービスゲーム、リードに2度のブレークチャンスを握られたが、ここを凌いでキープ。流れを掴んだ国枝が、さらに2ブレークを奪って6-4でセットを奪い返した。勝負の第3セット、国枝は3ブレークを奪って6-2。難しい試合を見事にものにした試合だった。

国枝は「最初のセットは向こうが強風を味方につけていた。迷いがあったけれど、少しずつ慣れていった。風があり、難しかったのでサービスが良くなかった。また明日、明後日と気にせずやっていきたい。(パラリンピック直後で)疲れているけれど、今大会後にゆっくりできるというのがモチベーションになっている」と記者会見で語っている。


国枝は決勝で、第2シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス/同2位)と対戦する。対戦成績は12勝11敗と拮抗しているものの、現在3連敗中。2年連続8度目の優勝なるか。決勝は大会最終日の現地9月12日に予定されている。

【特集】USオープン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP