close

2021.09.10

選手情報

19歳フェルナンデス、4試合連続でフルセットを制す勝負強さを見せて決勝進出「何が起きたのか信じられなかった」[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

フェルナンデス、今大会3人目のトップ10撃破で決勝進出

USオープン女子シングルス準決勝が9月9日に行われ、19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ/世界ランク73位)が、第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同2位)を7-6(3)、4-6、6-4のフルセットで下し、グランドスラム初の決勝に進出。試合後の会見では、勝利の瞬間に「何が起きたのか信じられなかった」と語った。

【動画】19歳の新鋭がグランドスラム初の決勝の舞台へ マッチハイライト

今大会、フェルナンデスは3回戦で前年覇者の大坂なおみ(日清食品/同3位)を5-7、7-6(2)、6-4の逆転で下し、これまでのグランドスラム最高戦績を超える4回戦に進出。さらに、4回戦では元世界1位でグランドスラム3勝のアンゲリーク・ケルバー(ドイツ/同17位)、準々決勝で第5シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同5位)をフルセットで下して、ベスト4入りしていた。

この日は、7月のウィンブルドンでベスト4入りしているサバレンカと対戦。力のあるショットに苦戦を強いられながらも、第1セットをタイブレークの末に先取する。第2セットこそ奪われたフェルナンデスだが、ファイナルセットでは、左右にコントロールされたショットでサバレンカのミスを引き出し、サービスゲームを2度破って決勝進出を決めた。

今大会、5度のタイブレークを制すなど勝負強さを見せ、4試合連続でフルセットマッチをものにしてきたフェルナンデスは、試合後「序盤は彼女(サバレンカ)の出だしがとても良かったけど、我慢して1ポイントごとに戦うことができて良かったわ。タイブレークでは攻めの姿勢を崩さずに、自分のショットを決めることができた。第2セットではミスが少しあったけど、第3セットでは最後まで戦えた。もう1球と、返球することができて良かったわ」と振り返った。

また、サバレンカのフォアハンドがベースラインを割った勝利の瞬間、コートにひざをつき、顔を覆ってから陣営に向かって笑顔を見せたフェルナンデス。
「ただ頭の中が真っ白になったわ。何が起きたのか信じられなかった。ボールがアウトになってホッとしたこと、2時間以上も一生懸命戦ったこと、そして努力が報われて決勝に進出できたことなど、さまざまな感情が押し寄せてきた」と2時間21分の熱戦を制した喜びを語った。

決勝では第17シードのマリア・サッカリー(ギリシャ/同18位)をストレートで破り、予選から9試合を失セット0で勝ち上がった18歳、エマ・ラドゥカヌ(イギリス/同150位)と対戦。プロでの対戦はないものの、2018年のウィンブルドンジュニア2回戦では、2-6、4-6のストレートで敗れている相手となる。

1999年のセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)とマルチナ・ヒンギス(スイス)以来、22年ぶりとなる10代同士の決勝はどちらに軍配が上がるだろうか。決勝は11日16時(日本時間12日5時)から行われる。

【特集】USオープン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP