close

2021.09.29

選手情報

マレーが初戦突破、「あとはランクの高い選手を倒していくだけだ」[サンディエゴ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

錦織に代わって出場のクドラを圧倒したマレー

現地9月28日、「サンディエゴ・オープン」(アメリカ・サンディエゴ/ATP250)男子シングルス1回戦、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のアンディ・マレー(イギリス/世界ランク109位)は、デニス・クドラ(アメリカ/同94位)と対戦。6-3、6-2のストレート勝ちで2回戦進出を果たした。

【動画】マレー対クドラ1回戦ハイライトをチェック

【動画】激闘となったマレー対チチパスUSオープン1回戦ハイライト


当初、マレーは同じくワイルドカードで出場の錦織圭(日清食品/世界ランク52位)との対戦だったが、腰の負傷によって錦織が棄権。予選決勝で敗れていたクドラがラッキールーザーとして出場していた。

第1セット序盤は、キープが続く展開に。その中で、持ち前のリターンでリズムを作ると、フォアハンドを強打してくるクドラに対して、バックハンド・スライスを効果的に利用。相手を崩していくと第8ゲームでブレークに成功し、6-3で奪取する。続く第2セットは、マレーがより支配的なプレーを見せて2ブレーク。6-2で締めて初戦勝利を果たした。サービスゲームでの得点率は75%、リターンゲームでは47%。完勝と言っていいだろう。

2017年後半から股関節の怪我に苦しんでいたマレーは、USオープン1回戦でステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)に敗れはしたもののフルセットと約5時間の熱戦の末に敗戦。「USオープンでは、ツアーのベスト選手と高いレベルでプレーできるとわかった」と語って臨んだ、先週の「モゼール・オープン」(フランス・メス/ATP250)で、約2年ぶりにツアー8強入りを果たしている。

「良くなってきているよ」と試合後に語ったマレーは、「USオープンを皮切りに、少しずつ良いプレーができるようになってきている。あとはランキングの高い選手を倒していくだけだ。これまでに対戦したトップ選手との対戦でも、勝つチャンスがあった。勝てるとも思っている。チャンスを生かしたい」とコメント。

続く2回戦では、第2シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同10位)との対戦が決まっている。「彼とは練習したことも、対戦したこともない。プレーも多く見たことがないから考える必要があるね。ビデオを見て、長所と短所を理解して臨みたい」と語るマレー。果たして、昨年8月にアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/同4位/当時7位)に勝利して以来となるトップ10選手からの勝利となるだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP