close

2021.10.01

選手情報

カラツェフがフルカチュに逆転勝ちでベスト8進出 [サンディエゴ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

粘りのプレーで流れをものにしたカラツェフ

現地9月30日、「サンディエゴ・オープン」(アメリカ・サンディエゴ/ATP250)シングルス2回戦が行われ、アスラン・カラツェフ(ロシア/世界ランク24位)が、第5シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同12位)に5-7、6-4、6-2で逆転勝ち。準々決勝に駒を進めた。

【SNS】カラツェフ勝利を伝える大会のSNS


前週、ATP250「モゼール・オープン」で今季3勝目を上げたフルカチュは、第1セット44%とファーストサーブが低調だったカラツェフのセカンドサーブを着実にポイントに。1ブレークを奪われたものの、2ブレークして7-5でセットを先取する。

しかし、精神的なタフさがカラツェフの強み。仕切り直しで迎えた第2セット、キープを重ねていくと第7ゲームでブレーク。リードを保って6-4で奪い返す。そして第3セット、第1ゲームでブレークに成功すると、フルカチュにチャンスを与えず。第7ゲームでもブレークに成功すると6-2で試合を締めた。

「彼はフランスで大きな勝利をあげたばかり。そのタフな相手に対して、いいプレーができたよ。第1セットもチャンスはあったが、終盤に簡単なミスをしてしまった。第2セット3オールでブレークをしてから、どんどんいいプレーができるようになった。第3セットでもすぐにブレークに成功できたし、積極的なプレーができたと思う。彼みたいなタイプには、ポイントを支配することがとても重要なんだ」と語ったカラツェフ。

フルカチュが8位、カラツェフが12位と11月14日から開催されるNitto ATPファイナルズへの初出場を狙う両者だけに、この勝利は大きな1勝となるかもしれない。
それについて聞かれたカラツェフは「考えないようにしているよ。私はどの大会も、どの試合も、毎日の練習も大切にしている。どうなるか、結果を見てみたい」と答えている。

続く準々決勝で、カラツェフはグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/同29位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP