close

2021.10.03

選手情報

シナー、2年連続優勝に向けて決勝進出を決める[ソフィア・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

クライノビッチをストレート勝利で退けたシナー

現地10月2日、「ソフィア・オープン」(ブルガリア・ソフィア/ATP250)準決勝、前年優勝の第1シード、ヤニック・シナー(イタリア/世界ランク14位)は、第5シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア/同37位)と対戦。6-3、7-5で勝利し、決勝進出を決めた。

【動画】シナー対クライノビッチ準決勝ハイライト


第1セット、互いに1ブレークずつを奪い合って迎えたクライノビッチサーブの第8ゲーム、シナーは40-15から粘り強くラリーを展開してミスを引き出すと、ブレークに成功。5-3とすると、続くサービスゲームをキープして6-3でセットを先取する。
続く第2セット、同じく1ブレークずつ奪い合うと5オールで迎えた第11ゲームでブレークに成功。続くサービスゲームをラブゲームでキープして7-5。シナーがストレートで勝利をおさめている。

「一緒に練習するし、互いのプレーを多少なりとも知っているだけに、非常にタフな試合だった。また決勝に進出できたことがうれしいよ」と語ったシナー。
2年連続優勝に向けて決勝で対戦する第2シードのガエル・モンフィス(フランス/世界ランク20位)について、「いつもタフな試合になる。今回で4回目の対戦(2勝1敗)。USオープンでもフルセットの厳しい試合だった。誰もが知っているように、彼は素晴らしい選手。本当によく走るし、それが彼の特徴だ。簡単な決勝にはならないと思うけど、楽しみたいと思っている」とコメントした。

今シーズン、シナーは、2月のATP250メルボルン1大会でキャリア2勝目を達成すると、3月にはATPマスターズ1000マイアミ大会で準優勝。8月、ATP500ワシントン大会でも優勝。ATPツアー最終戦レースランキングでは11位につけており、もし今大会を連覇すれば、初出場の可能性が出てくる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP