close

2021.10.08

選手情報

錦織圭、世界182位を逆転で下し2回戦進出! 次戦は世界22位のエバンズ[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、世界182位のソウザに苦戦強いられるも逆転勝利で2回戦へ

10月7日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)男子シングルス1回戦が行われ、錦織圭(日清食品/世界ランク53位)は、予選勝者のジョアン・ソウザ(ポルトガル/同182位)と対戦。6(5)-7、6-3、6-2の逆転で下し、2回戦にコマを進めた。

【動画】錦織圭、軽快なフットワークを見せ、最後はバックハンドのダウン・ザ・ライン!
【関連記事】<一問一答>錦織圭、世界182位に苦戦も逆転勝利で2回戦へ「戦い方として100点ではなかった」 [BNPパリバ・オープン]


2016、17年に同大会最高成績となるベスト8入りを果たした錦織は、先週行われたATP250 サンディエゴ大会に出場を予定していたものの、直前で腰を怪我して棄権。今大会は、USオープン3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)に敗れて以来、約1ヵ月ぶりの実戦となる。

初戦の相手となったソウザは、予選2試合をいずれもストレート勝ちで本戦入り。錦織は、過去3度の対戦で2勝1敗、うち1敗は2016年楽天ジャパンオープン2回戦で臀部の故障で途中棄権したものとなっている。

第1セット、錦織は落ち着いたラリー戦でポイントを重ね、第1ゲームで幸先よくブレークに成功する。その後、遅いサーフェスに合わせたじっくりしたストロークで主導権を握るも、徐々にソウザの回り込みフォアハンドが決まり始めると、第8ゲームでサービスゲームを破られてしまう。そのまま試合は、タイブレークにもつれ、最初のサーブポイントでアンフォーストエラーが出た錦織は、その差を埋めることができず第1セットを落とした。

続く第2セット、第3ゲームで錦織はサーブでアドバンテージを握れず、ソウザの深いリターンに苦戦。3本目のブレークポイントをものにされ、リードを許してしまう。だが、直後の第4ゲームですぐさまブレークバック。リズムを取り戻した錦織は、4-3の第8ゲームでリターンダッシュからネットプレーを見せて、ブレークポイントを握る。次のポイントもラリー戦を支配しソウザを左右に振って、ラブゲームでブレークに成功。第9ゲームをきっちりサービスキープし、6-3で第2セットを奪い返した。

勝負のファイナルセット、第1ゲームで粘り強くラリーを展開した錦織がブレークに成功。ミスが減ってきた錦織は、第3ゲームの1ポイント目ですかさずネットへ。攻撃的な姿勢を見せ、このゲームもブレークし3-0とする。その後、互いにサービスゲームをキープできず、錦織リードのまま5-2に。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲーム、錦織はしっかりキープして2回戦進出を決めた。

2回戦で錦織は、第18シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同22位)と対戦。過去3勝1敗と勝ち越しており、2013年のUSオープン1回戦で敗れて以降、3連勝中である。直近では、2020年の全仏オープン1回戦で対戦しており、1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4のフルセットで勝利している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP