close

2021.10.10

選手情報

錦織圭、世界22位のエバンズに逆転で敗れ3回戦進出ならず[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、エバンスにフルセットで敗れて2回戦敗退

10月9日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)男子シングルス2回戦が行われ、錦織圭(日清食品/世界ランク53位)は、第18シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同22位)と対戦。6-4、3-6、4-6のフルセットで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

【画像】錦織圭ら日本人男子3選手が出場!「BNPパリバ・オープン」男子シングルスドロー(組み合わせ)

2年ぶり11度目の同大会出場となった錦織は、1回戦でジョアン・ソウザ(ポルトガル/同182位)に6(5)-7、6-3、6-2で逆転勝利。試合後には、痛めていた腰について「昨日(10月6日)ぐらいからマシになった」と、ほとんど練習ができないまま今大会に臨んでいたと語った。

2回戦では、過去3勝1敗と勝ち越してエバンズと対戦。直近では、2020年の全仏オープン1回戦で対戦しており、1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4のフルセットで勝利している。

第1セット、エバンズのバックハンドスライスを組み合わせたストロークに加え、遅いサーフェスのせいかタイミングが合っていない錦織。それでも、第5ゲームで手にしたチャンスで、エバンズのセカンドサーブを前に詰めて、フォアハンドでリターンを強打。すぐさまエバンズの逆を突いたドロップショットを放ち、ブレークに成功する。直後のサービスゲームでブレークバックを許した錦織だが、徐々に力強いストロークも見せるようになり、第7ゲームで再びブレーク。リードを奪うと、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをラブゲームでキープし、第1セットを6-4で先取した。

続く第2セット、錦織はエバンズの多彩なショットを前にチャンスをつかめない。一方で、サービスゲームではピンチをしのぐ苦しい展開に。第2、第4ゲームこそしのいだが、第6ゲームで5度目のブレークポイントをものにされ、この試合初めてのリードを許した。このままチャンスを握れず、3-6でセットを落とした。

勝負のファイナルセット、第2ゲームで錦織は深いリターンでチャンスを作り、ブレークポイントを握ったが、エバンズのコーナーを突いたサーブでしのがれてしまう。その後、互いにサービスキープが続き、拮抗した展開となったが、第7ゲームでエバンズにブレークを許してしまう。錦織は第10ゲームでブレークポイントを握るも、あと一本が奪えず、フルセットの末に敗れた。

3回戦でエバンズは、第11シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同15位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP