close

2021.10.11

選手情報

ズベレフ、マレーとの対戦に「ベストを尽くす。ビッグ4で勝てていないのは彼だけ」[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ズベレフ、アメリカの新星ブルックスビーをフルセットで撃破

10月10日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/世界ランク4位)が、ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ/同79位)を6-4、3-6、6-1で下し、3回戦進出を果たした。

【動画】ズベレフ、アメリカの新星ブルックスビーに勝利! マッチハイライト

対戦相手のブルックスビーは、今シーズン開幕時は314位だったものの、チャレンジャー大会で3勝を挙げてランキングを上げると、7月のATP250ニューポート大会で準優勝。USオープンでもベスト16入りを果たし、急成長を遂げている。

その相手に対し、ズベレフは1セットを落としたものの、最終セットでは2度のブレークで一気に5ゲームを連取。トップ10の意地を見せて、フルセットの戦いをものにした。

試合後、「これまでの最高レベルではなかったけど、勝てて良かった。ファイナルセットでは、ボールの感触が良くなってきたよ」とコメント。「ここのコンディションは、僕にとって理想的とは言えない。ここではあまりうまくいったことがないんだ」と、多くの選手が、サーフェスが遅いものの、ボールの飛びは良いと語っており、ズベレフも感触が良くないとしながらも見事勝ち切った。

そして、3回戦で対戦するのが元世界ランク1位のアンディ・マレー(イギリス/同121位)。過去2戦2敗を喫しており、直近では、2020年のATPマスターズ1000シンシナティ大会で対戦し、3-6、6-3、5-7のフルセットで敗れている。

「ベストを尽くすよ。アンディは素晴らしいプレーをしている。今日の彼のレベルは高かった。対戦するのが楽しみだよ。ビッグ4の中でまだ勝っていないのは、彼だけなんだ」と3度目の対戦を楽しみにした。

マレーを破り、同大会初出場の2016年大会以来となるベスト16に5年ぶりに入ることができるだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP