close

2020.03.02

選手情報

ティエムがキャリアハイの3位に!BIG3の牙城が崩れる

ATP(男子テニス協会)は、3月2日付けの世界ランキングを発表。前週まで4位につけていたドミニク・ティエム(オーストリア)が、キャリアハイの3位にランクアップした。

先週、ティエムは大会に出場しなかったが、3位だった右ヒザ治療中のロジャー・フェデラーは、(昨年ドバイ・デューティー・フリーで優勝した)500ポイントが失効。7,045ポイントのティエムが、6,630ポイントのフェデラーを上回ることとなった。

これにより、昨年5月からトップ3を占めていたノバク・ジョコビッチ、ラファエル・ナダル、フェデラーの“BIG3”の牙城が崩れることに。ティエムの上位にいるのは、現在18連勝中の王者・ジョコビッチ(10,220ポイント)と“クレーキング”ナダル(9,850ポイント)。まだまだポイント差はあるものの、勢いがあるティエムならば、さらなるランクアップを狙える!? かもしれない。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED