close

2020.07.28

選手情報

マレーがUSオープン出場に着々と準備中「精神的な準備をしている」

昨年11月のデビスカップ以来の公式戦出場を目指すアンディ・マレー(イギリス)が、8月31日から開催予定のUSオープンに向けて、精神的な準備を整えているとイギリススポーツ専門チャンネル『Sky Sports』が報じている。

USオープン主催者は、新型コロナウイルス感染のリスクを軽減するため、選手やスタッフは指定されたホテルを使用することやトレーニング、プレー以外でのマスク着用を義務化。アメリカ到着時の検査で陰性であることがわかるまで会場のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターへの立ち入りを禁止している。

特にマレーは、ヨーロッパとアメリカの移動に不安を示しており、「4、5週間前まで(大会の開催には)懐疑的だった」と語ったものの、現在では「精神的に準備を始め、計画を立てる必要がある。もし大会が開催されないのなら、僕の練習スケジュールは変わっているだろう。今は前に進むように計画している」と、開催へ前向きにとらえているという。

一方で、「USが開催されることを願っているが、そうでなくてもOKだ。選手たちにとって安全である限り、僕ら選手は競技に復帰する必要がある」と、状況によっては開催中止もやむを得ないことであるとも語った。

マレーは、USオープン前哨戦となる「ウエスタン&サザン・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/ATP1000)に出場を予定。「復帰戦では予選からプレーするかもしれないし、ワイルドカードをもらうかもしれない。多くの選手にとっては5、6ヵ月ぶりかもしれないが、僕にとっては10ヵ月ぶりなんだ」と、復帰の時期が近付いていることを楽しみにした。
果たして、マレーがどのような復帰戦を飾るのか注目だ。

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka

関連する記事RELATED