close

2021.10.21

選手情報

西岡良仁、過去2戦2勝のマクドナルドに初黒星で初戦敗退[VTBクレムリン・カップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

西岡良仁、マクドナルドにストレートで敗戦

10月20日、「VTBクレムリン・カップ」(ロシア・モスクワ/ATP250)男子シングルス1回戦が行われ、西岡良仁(ミキハウス/世界ランク78位)は、マッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同55位)と対戦。3-6、4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

【画像】「VTBクレムリン・カップ」初戦を戦った西岡とマクドナルド

今大会初出場となった西岡の初戦の相手は、ツアーで2勝0敗と負けなしのマクドナルド。2019年のATP250エストリル大会で6-2、6-4で勝利すると、その1ヵ月後の対戦となった全仏オープンでは6(7)-7、6-0、4-6、6-2、6-3のフルセットで勝っていた。

この日の試合、西岡は第1セット第4ゲームでブレークを許すも直後の第5ゲームですぐさまブレークバック。引き離されずついていったものの、3-4の第8ゲームでサービスゲームを破られ、そのまま第1セットを落とした。

続く第2セットで西岡は、順調にサービスキープをし迎えた第6ゲームで2本のブレークポイントを握る。しかし、マクドナルドのサービスエースに阻まれ、リードを奪うことができず。そのまま互いにサービスキープが続き、西岡のサービスゲームとなった第9ゲームでブレークを許して、ストレートで敗れた。試合時間は1時間22分だった。

マクドナルドは2回戦で、ジル・シモン(フランス/同117位)と対戦。シモンは、1回戦で第8シードのラスロ・ジェレ(セルビア/同53位)を6(3)-7、7-5、6-3で破っている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP