close

2021.10.20

選手情報

豪州移民相が「全豪OPに出場したい選手はワクチン接種完了が必要」とメッセージ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ワクチン接種済みの錦織圭

オーストラリアへの入国に例外はないと移民相が発言

10月20日、アレックス・ホーク移民相は、地元ラジオに出演し、ビザを取得して全豪オープンに出場したい選手は全員、新型コロナワクチン接種を完了している必要があると発表した。


【動画】ワクチン接種済みの錦織圭のベストショット集&対ビッグ3とのラリー


「オーストラリアに入国するためには、2回のワクチン接種が必要。テニスプレーヤーに限らず、どの国に対しても適用される。別にノバク(・ジョコビッチ/セルビア)に対するメッセージではない。オーストラリアに入国したい人に対するメッセージである。すなわち彼も、2回の予防接種が必要ということだ」とホーク移民相は語ったという。

ジョコビッチに関する話は、昨日、地元紙に対して彼が「予防接種を受けたかどうか、自分の情報を明らかにするつもりはない。これはプライベートな問題であり、不適切な問い合わせだ」とコメントしたことを受けてのもの。

この問題については、昨日、全豪オープン開催地であるビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相も「ウイルスの問題とテニスのランキングやグランドスラム優勝回数は別の問題。自分の安全、他人の安全のためにも、予防接種を受ける必要がある。ワクチン未接種の選手は、入国のためにビザは取得できないだろう。もし取得できたとしても、数週間は隔離されなければならないはず。特定の選手について述べているわけではない。ゴルファーやF1ドライバーも同じ。接種なしにビザ取得ができるとは思えない」と改めて主張している。

最新の報道によると、ATPでは65%以上、WTAでは60%以上の選手がワクチンを接種していると言われている。2回のワクチン接種のためには、1ヵ月程度の時間も必要で、ビザ申請の期間も含めると、出場希望の選手は早めにワクチン接種を受けなければならないことになる。

すでにワクチン接種を完了したという錦織圭(日清食品/同49位)は、「BNPパリバ・オープン」の記者会見で、ワクチン接種について「体調を崩したり、もしかしたら危ないケースにつながったりもある可能性がある。(世界を)飛び回っている僕らは打った方が安全なのかなと思いますけど、打つにしてもリスクがある。シャルディー*のことも聞きましたし。それは一人一人が判断していいんじゃないのかなと思います」とコメント。さらに、ステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)やアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)といった選手も、ワクチン接種に難色を示した過去もあるなど、選手の間には接種を不安視する声もあるようだ(チチパスはその後、年末までに受けたいと明かしている)。

状況によっては、来年の全豪オープンは、多くの選手が出られないということになるかもしれない。

*9月24日、ジェレミー・シャルディー(フランス/同77位)は新型コロナウイルスワクチン接種の副反応を理由にシーズンを中断すると発表している

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP