close

2021.10.27

選手情報

世界9位ティエムがノババックス社のワクチンを待っていると発言

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

全豪に向けてワクチンは摂取すると明かしたティエム

オーストリアの国営放送などの報道機関は、ドミニク・ティエム(オーストリア/世界ランク9位)が、新型コロナウイルスワクチンを未接種でアメリカ「ノババックス社」のワクチン摂取を検討していると伝えた。

【動画】ティエム2021年ベストショット集をチェック


6月下旬の「マヨルカ選手権」(スペイン・マヨルカ/ATP250)で右手首を負傷。ウィンブルドンなどを欠場していたティエムは、8月にはサポーターを取って練習を再開したもののケガが再発し、USオープンの欠場および今シーズン終了を報告。また10月4日には、SNSで、もう手術をする必要がないことを伝えている。

ツアー復帰は来年1月と言われているが、全豪オープンでは今まさに、新型コロナウイルスワクチン未接種選手についての論議が行われているところ。当初の発表どおりとなれば、2回のワクチン摂取を受けていない選手は、大会参加ができないことになる。

ティエムは、「私はまだワクチンを接種していない。医師からノババックス社のワクチンを勧められているのでそれを待ちたい」とコメントしたという。しかし、年内に同社のワクチン摂取が可能かは不透明。そのため、「11月末までに解決すれば、(ノババックス社の)ワクチンを接種する。ダメならば他のワクチンを接種する」と明かしたという。

ビクトリア州のマーティン・パクラスポーツ大臣が明かした情報によると、選手のワクチン接種率は80%近くになっているという。ティエムを含めて残り約2割の選手は、どんな対応を取るのか。今後、注目されそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP