close

2021.10.31

選手情報

ジョコビッチ、メドベデフらTOP10の内7選手が出場、パリ大会組み合わせが決定

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

西岡は本戦入りをかけて今夜予選決勝に挑む

現地10月30日、「ロレックス・パリ・マスターズ」(11月1日〜7日/フランス・パリ/ATPマスターズ1000)がドロー抽選会を実施。シングルス、ダブルスの組み合わせを発表した。

【ドロー】「ロレックス・パリ・マスターズ」シングルス・ダブルス組み合わせをチェック


シングルスの第1シードは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)。ジョコビッチは、USオープン以来のプレー。その大会の決勝で、ジョコビッチの年間グランドスラムの夢を破ったダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)が第2シード、ステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)が第3シード、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)が第4シード。トップ10の内7選手が出場する予定となっている。

日本勢としては西岡良仁(ミキハウス/同82位)が予選に出場。予選1回戦でバンジャマン・ボンジ(フランス/同63位)に6-4、7-6(4)で勝利し、本日1番コート第4試合でジャンルカ・マジェル(イタリア/同68位)と本戦入りをかけて戦う(両者は初対戦)。

また、ダブルスではマクラクラン勉(イカイ)/ レイベン・クラーセン(南アフリカ)が本戦入り。1回戦でアリエル・ビハル(ウルグアイ)/ゴンザロ・エスコバル(エクアドル)と対戦予定である。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP