close

2021.12.07

選手情報

西岡良仁対チチパスで起こった爆笑シーンをテニスTVが公開、2.5万もの“いいね!”が付く

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

いざサーブを打とうと見上げると、そこにチチパスは…

12月7日、ATPの動画配信サービス「テニスTV」がインスタグラムにアップしたのは、5月のATP250リヨン大会準々決勝、西岡良仁(ミキハウス/世界ランク81位)対ステファノス・チチパス(ギリシャ/同4位)で起こった爆笑シーンだ。

【動画】西岡良仁対チチパスで起こった爆笑シーンがこちら


動画のシーンが起こったのは、第2セット、3-5で迎えた西岡のサービスゲームである。チチパスがラケット交換のために、ベンチに戻る姿に「相手の準備ができていないことに気づかなかったのだ」と文字が入っている。
次の瞬間、カメラが切り替わると、サーブのポジションに入る西岡が。下を向いて、いつもどおり、ボールをポンポンポンと3度突いて、トスを上げようと前を見上げると…チチパスがリターンポジションにいないことに気づく。思わずニヤリとして、“早く言ってよ”とばかりにレフェリーに右手を振る西岡。真剣な顔から一転、笑顔になると会場から拍手が贈られた。

この動画に対して約2.5万もの“いいね!”が付き、「笑った。愛らしい“ヨシ”」「チチパスならしかたないわ(笑)」「打っちゃえば良かったのに」「(西岡は)素晴らしい集中力だね」などと90を超えるコメントが書き込まれている。

真剣勝負だからこそ生まれたハプニング。少しほっこりするシーンである。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP