close

2022.01.14

選手情報

ダニエル太郎、エース15本奪い快勝! 2年連続5度目の本戦入り[全豪オープン予選]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ダニエル太郎、予選でセット落とさず本戦入り

1月14日、全豪オープンの予選最終日、男女予選決勝が行われ、予選第7シードのダニエル太郎(エイブル/世界ランク120位)は、予選第29シードのサルバトーレ・カルーソ(イタリア/同150位)を6-4、6-3で下し、2年連続5度目の全豪オープン本戦入りを果たした。

【画像】ダニエル太郎、予選決勝スタッツ

前哨戦「アデレード国際1」(オーストラリア・アデレード/ATP250)から好調を維持しているダニエル。

今大会では、予選1回戦でアンドレア・アルナボルディ(イタリア/同250位)を6-3、6-3で、予選2回戦でジャン・マルコ・モローニ(イタリア/同197位)を6-3、6-1で下し、予選決勝に進んでいる。

この日の試合、序盤から度々ピンチを迎えていたダニエルは、第5ゲームでカルーソにブレークを許してしまう。だが、徐々にリズムがつかめてきたのか、2-4から2度のブレークで4ゲームを連取。第1セットを6-4で奪った。

第2セットでも、ダニエルは安定したサービスゲームを見せ、カルーソに隙を与えず。4-3で迎えた第8ゲームで、バックハンドのウィナーでブレークに成功すると、そのまま2年連続5度目の全豪オープン本戦入りを決めた。

試合を通してダニエルは、最速215キロのサーブなど15本のエースを獲得。ウィナー数も凡ミス14本の倍となる28本を奪い、勝利を手にした。

今大会予選は、10日から14日まで行われ、3試合を勝ち抜くと本戦に出場することができる。

<日本人男子予選決勝の試合結果>
○ダニエル太郎(エイブル/世界ランク120位)[7] 6-4 6-3 ●サルバトーレ・カルーソ(イタリア/同150位)[29]

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP