close

2022.01.20

選手情報

ズベレフ、世界89位に快勝で3回戦へ。東京五輪金とツアー最終戦の優勝で自信「ハードコートで力を発揮できる」[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ズベレフ、武器のサーブでミルマンにチャンス与えずストレートの快勝

1月19日、全豪オープン3日目、男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/世界ランク3位)は、ジョン・ミルマン(オーストラリア/同89位)と対戦。6-4、6-4、6-0のストレートで下し、6年連続となる3回戦進出を果たした。

【動画】ズベレフが快勝で3回戦へ マッチハイライト

昨年は、東京オリンピックでノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)らを破って金メダルを獲得し、3年ぶりにツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」を優勝するなどビッグタイトルを手にしたズベレフ。今大会1回戦では、同じドイツのダニエル・アルトマイヤー(同87位)を7-6(3)、6-1、7-6(1)のストレートで下し、初のグランドスラム制覇に向け、好スタートを切った。

試合は第1セット、先に攻撃を仕掛けて幸先よく第1ゲームでミルマンのサービスゲームを破ったズベレフは、第2ゲームこそブレークされたが、それ以降は最速216キロのサーブを武器にブレークポイントすら握らせず。第3ゲームでラリー戦を制してブレークすると、地元のファンの声援を受けて、ポジティブに戦うミルマンを振り切って6-4でセットを先取する。

続く第2セットでも先にブレークしたズベレフは、第6ゲームでは15-40とピンチを迎えたが、4連続サーブポイントで乗り切ると、そのまま第2セットを6-4で奪取。第3セットに入ってもペースは落ちず、ファーストサーブが入れば、必ずポイントを獲得し、ウィナーも11本を記録。ミルマンに1ゲームも与えず、勝利を手にした。

ズベレフは3回戦で、予選勝者のラドゥ・アルボット(モルドバ/同124位)と対戦する。

試合後、ズベレフは「僕にとってジョン(ミルマン)はいつも厄介な相手だから、勝てて良かった。8ゲームしか落とさなかったのも良かったね。特に第3セットは非常に高いレベルでプレーできた」と満足のいく内容だったとコメント。

また、ハードコートでの最高の選手について、「ノバクが(ジョコビッチ)一番だと思うよ、それは間違いない。彼が最も勝利しているんだ。でも、何度も言っているけど、ダニール(メドベデフ)はここ数ヵ月から数年、信じられないような大会で優勝し、ハードコートでは最高のプレーヤーの一人。僕は、オリンピックやツアーファイナルで優勝しているから、ハードコートで力を発揮できるよ。チチパスも活躍できるし、でも今のラファ(ナダル)は素晴らしいテニスをしている。今大会、彼を忘れるわけにはいかないだろう」と語ったズベレフ。

「僕は芝以外のコートでうまくプレーしてきた。マスターズではクレーコートの大会を3度優勝しているし、その点ではハードコートよりも勝っているだろう。つまり、動きやショットを重視していて、重いボールを打つことができるんだ。最近のハードコートは前よりも少し遅くなっているかもしれないけど、ハードコートだけが得意だなんて言わないよ。オールラウンドにプレーできる」と、サーフェス問わず自身のプレーが良くなっていると語った。

※ランキングは1月17日付のもの



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP