close

2022.01.23

選手情報

シャポバロフ、世界3位ズベレフを撃破! 準々決勝でナダルと対戦[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シャポバロフ、今大会初のストレート勝ちで大会初の8強入り

1月23日、全豪オープン7日目、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/世界ランク14位)が、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)を6-3、7-6(5)、6-3のストレートで下し、大会初のベスト8入りを決めた。

【動画】シャポバロフ、ズベレフ破り全豪オープン初の8強! 4回戦マッチハイライト

今大会、初戦から3回戦までいずれもセットを落としながらも接戦をものにしてきたシャポバロフ。この日は、昨年の男子国別対抗戦「ATPカップ」ラウンドロビンで逆転負けを喫しているズベレフとの対戦となった。

この日の試合、序盤のピンチをしのいだシャポバロフは、第4ゲームでブレークに成功。ビッグサーブに加えて、ボールをコート深くに配球し、ズベレフのポジションを下げて、チャンスボールを引き出す。ブレークを許すことなく6-3で第1セットを先取した。

続く第2セット、シャポバロフはミスが増えたものの、ズベレフもストロークに精彩を欠いて、リードを守れず。互いに2度ずつブレークして迎えたタイブレークもシャポバロフが制し、2セットを連取。

リードしている余裕か、ミスをしても常に前向きにプレーを続けたシャポバロフ。第3セットもズベレフのサーブに食らいつき、早々にリードを奪って、ストレート勝ちを収めた。

試合を通して、ズベレフは76%でファーストサーブを入れたものの、ポイント獲得率ではファーストサーブが69%、セカンドサーブが29%。シャポバロフはリターンゲームでラリーに持ち込んで、プレッシャーをかけ続けた。

準々決勝でシャポバロフは、第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/同5位)と対戦。ナダルは、4回戦でアドリアン・マナリノ(フランス/同69位)を7-6(14)、6-2、6-2で下している。

※ランキングは1月17日付のもの



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP