close

2022.01.27

選手情報

青山修子/柴原瑛菜の準決勝は日本時間9時、国枝慎吾の決勝は第2試合に。女子シングルス準決勝にも注目。1月27日試合予定 [全豪オープン]【テニス】

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

青山修子/柴原瑛菜、国枝慎吾は決勝に挑む

1月27日、全豪オープン11日目、女子準決勝のほか、女子ダブルス準決勝に第2シードの青山修子(近藤乳業/ダブルス同6位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/ダブルス同6位)が、車いす男子シングルス決勝に国枝慎吾(ユニクロ)が登場する。

【表】1月27日・全豪オープン大会11日目の試合予定をチェック

青山/柴原が登場するのはセンターコート、ロッド・レーバー・アリーナの第1試合(日本時間9時開始)。アンナ・ダニリナ(カザフスタン/同53位)/ベアトリス・ハダッド・マイア(ブラジル/同150位)と対戦する。青山/柴原にとっては、昨年のウィンブルドン以来となるグランドスラム準決勝の舞台。そのウィンブルドンでは、青山が「まだ少し足りないところが自分の中では明確になったので、そこに向けてしっかりもう一度取り組んでいきたい」と語っている。再び訪れた準決勝の舞台、ぜひ決勝に勝ち上がってほしい。

コート8第2試合で、車いすテニス男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ/同1位)が第2シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス/同2位)と対戦する。全豪オープンは2007年の初優勝から10度のタイトルを獲得するなど、国枝にとってとりわけ相性のいい今大会。2年ぶり11度目の優勝に期待である。

そして青山/柴原戦のあとは3試合続けてオーストラリア勢が登場する。
第2試合は男子ダブルス準決勝、ニック・キリオスとタナシ・コキナキスのオーストラリアペアが、第3シードのマルセル・グラノイェルス/ホラシオ・ゼバロス(アルゼンチン)と対戦する。第1シード、第16シード、第6シードと立て続けにシードダウンを起こしているキリオス/コキナキスペア。観客の声援を後押しにして、またも勝利となるだろうか。

その後、第3試合では、今大会で引退となるディラン・アルコット(オーストラリア)が車いすテニスクアード決勝に登場する。これまで全豪7連覇を含めて単複合わせてグランドスラム通算23勝、3度のパラリンピック金メダルを獲得。昨年は、クアードで史上初の年間ゴールデンスラムを達成するなど、クアードにおける史上最高の選手として活躍したアルコット。最後、トロフィーを掲げてキャリアの終焉を迎えることはできるか。

ナイトマッチ第1試合(日本時間17時半以降開始予定)で女子シングルス準決勝、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)対マディソン・キーズ(アメリカ/同51位)が行われ、続くナイトマッチ第2試合で第7シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/同9位)対第27シードのダニエル・コリンズ(アメリカ/同30位)が行われる。女子シングルス決勝からも目が話せない



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP