close

2022.02.21

選手情報

大坂なおみ、東京五輪を楽しめなかったと振り返り、「とにかく楽しんで、時間を有効に使うことが大切だと思う」と投稿

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

東京大会を振り返り、“とにかく楽しんで”と綴った大坂

2月21日、大坂なおみ(フリー/世界ランク82位)は、SNSに昨夏の東京オリンピックでの写真を投稿。「あの場を楽しめなかったという深い悲しみがあった」と振り返り、これからの人生、「とにかく楽しんで、時間を有効に使うことが大切だと思います」と思いを綴った。

【SNS】東京オリンピックについて振り返った大坂なおみの投稿がこちら

有明コロシアムでの写真、使用球の写真や聖火ランナーの写真などをアップした大坂は、「先日、オリンピックを振り返っていたんですが。今、冬季オリンピックが開催されているからなのか、何か自分の時間を思い出していたんです。(聖火はともかくとして)、あの場を楽しめなかったという深い悲しみがあったのです。東京オリンピックに参加していたのに、大きな喜びを見出すことができなかったなんて。これからの人生、短い時間でも長い時間でも、とにかく楽しんで、時間を有効に使うことが大切だと思います(笑)。とにかく、みんなが元気で安全に過ごしていることを祈っています」と思いを綴っている。

大坂は昨年、全仏オープンで記者会見を行わないと宣言後に大会を棄権。ウィンブルドンも欠場となった中で、東京オリンピックに出場。開会式で聖火ランナーを務め、女子シングルスに臨んだが、3回戦でマルケタ・ボンドロウソワ(チェコ/同42位)に1-6、4-6で敗れた。そして、「今の自分にできるプレーをさせていただきましたが、皆様の期待に応えることができずにごめんなさい。私自身も今はとても悔しい気持ちですが、これからもテニスプレイヤーとして頑張っていきます」とメッセージを綴っている。

次戦は、WTA1000「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月9日〜20日)にワイルドカード(主催者推薦)で出場が決まっている大坂。 その舞台でも“とにかく楽しんで”プレーする姿を見せてほしい。


【関連記事】大坂なおみの写真をチームが紹介『「なおみは本当にテニスを楽しんでるな~」とつくづく思います』

【関連記事】大坂なおみ、「今年の3月も特別」。主催者推薦でツアー初優勝を果たしたBNPパリバ・オープンに出場

【関連記事】大坂なおみがバレンタインのメッセージを投稿「愛とやさしさに包まれた素敵な日々を過ごしてください」


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP