close

2022.03.10

選手情報

元女王ナブラチロワが大坂なおみについて言及、取り組み方次第では“再び世界ランク1位も目指せる”[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

大坂なおみの初戦は日本時間11日4時から

現地3月8日、WTA(女子テニス協会)は、WTA1000「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月9日〜20日)のプレビュー記事を掲載。その中で、グランドスラム優勝18回の元女王、マルチナ・ナブラチロワが大坂なおみ(フリー/世界ランク78位)について、出場試合数を増やせば、再び世界ランク1位も目指せると語った。

【写真】会場でファンとの記念撮影に応じる大坂なおみ

今大会、大坂は現地10日15時(日本時間11日8時)より、2017年のUSオープン覇者であるスローン・スティーブンス(アメリカ/同38位)との1回戦に挑む。その大坂について、WTAは2021年の全豪オープンで優勝して以来、ここ12ヵ月で13勝7敗。今年6試合しかプレーしていないが、期待できるのだろうか? と質問。

それに対して、ナブラチロワは「それでは試合勘がないまま。彼女はもっと多くの大会に出場する必要があるわ。試合数の少なさこそが、彼女がNo.1になることを阻んでいる唯一のものだと思う。自信をつけ、練習を重ね、切り返しのプレーを磨くこと。スムーズにネットに詰めて、ポイントを仕留めることができるようになればいい。そうすれば、きっといい選手になれるはずだわ」と取り組み方次第では再び世界ランク1位も目指せると語っている。

現在ではランキングを落としているとはいえ、1回戦から元グランドスラムチャンピオンというタフな対戦となる大坂。しかし、逆に考えれば、相手にとってもプレッシャーのかかる試合となる。まずは復活への足掛かりに、初戦勝利を願いたい。

【関連記事】大坂なおみ、エキジビションマッチでオーナーを務めるサッカーチームのユニフォームを着用してプレー

【関連記事】大坂なおみ、初戦で2017年US覇者の世界38位スティーブンスと対戦[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】大坂なおみがキリオスと練習! キリオス「チャンピオンの意欲はかなりすごい」


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP