close

2022.03.15

選手情報

ナダル、記念すべきマスターズ400勝を達成「まったくわかってなかったけど、いい数字だね」[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

先にブレークされるもストレート勝利で4回戦へ

現地3月14日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)シングルス3回戦、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)は、第27シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同29位)と対戦し、7-5、6-3で勝利。記念すべきATPマスターズ400勝目となり、シーズン開幕からの連勝を17に伸ばした。

【動画】ラファエル・ナダルマスターズ400勝スペシャルビデオをチェック

第1セット先にブレークしたのはエバンズ。第4ゲーム、バックハンド・スライスとフォアハンド強打で緩急をつけ、ポイントをリードすると、2度目のブレークポイントで、ナダルのフォアハンドがネットとなり、ブレークに成功する。

しかし、「第1セットのタフな状況のあと、少しずつよくなっていったのがうれしい」とナダル。徐々にショット精度を上げていくと、第8ゲーム、30オールでリターンエースを放ち、ブレークチャンスを掴むと、ラリーの末にミスを引き出してブレークバックに成功。さらに6-5で迎えたリターンゲーム、0-40とチャンスを作る。1本では決められなかったものの、続くポイントでエバンズがダブルフォールトとなり7-5。アンフォーストエラー17本(エバンズは13本)とミスが増えたナダルだったが、セットを先取する。

第2セット第2ゲーム、ナダルはフォアハンドの強打で押し込んでブレークに成功。第5ゲーム、エバンズにブレークチャンスを握られるが、ここをキープするとその後はチャンスを与えることなく6-3で勝利した。

試合後、記念すべきATPマスターズ400勝だったことを伝えられたナダルは、「まったくわかってなかったけど、いい数字だね」コメント。さらに「私が望んでいたようには始まらなかったけど、重要な場面で、いいパッシング・ショットを打つことができた。その後、少しずついい流れになっていった。もちろん、これからもレベルを上げなければならない。今日は少しずつ良くなってきた。次のラウンドはとても難しいものになるだろうから、それは重要なことだね」と徐々に調子を上げていきたいと語った。

【関連記事】なぜナダルが絶体絶命のピンチから勝てるのか、秘訣を本人が解説「ただ、あきらめたくはないんだ」[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】ナダル、開幕から15連勝でツアー91勝目! 18歳で制した時と比べて「今の方が価値ある」[メキシコ・オープン]

【関連記事】全豪優勝ナダル<一問一答>「自分の中にあるものをすべて出し切った」 [全豪オープン]

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP