close

2022.03.25

選手情報

元世界No.1ハレプ、左ももの筋断裂で棄権「残念ながら断裂が見つかりました」[マイアミ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

左ももの筋断裂を負ってしまったハレプ(写真はインディアンウェルズ大会のもの) 写真:Getty Images)

ハレプ「クレーコートでのシーズンに向けて全力を尽くします」

現地3月24日、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)に出場中の第23シード、シモーナ・ハレプ(ルーマニア/世界ランク19位)はツイッターを更新。左の太ももに筋断裂が見つかったため、約3週間、テニスから離れると発表した。

【SNS】“元世界No.1”ハレプのツイートがこちら

ハレプはSNSで「皆さん、こんにちは。昨日のマイアミでの練習中に、左脚に鋭い痛みを感じました。インディアンウェルズの準決勝以来、太ももに問題があって、良くなるように望んでいたのですが、昨晩MRIを撮ったところ、残念ながら断裂が見つかりました。そのため、回復するまで、約3週間、テニスから離れることになり、マイアミ大会、チャールストン大会、フェドカップ(ビリー・ジーン・キング・カップ)を棄権するという困難な決断をすることになりました。本当に残念なお知らせですが、今年は素晴らしいスタートを切っていて、自信もあります。クレーコートでのシーズンに向けて全力を尽くします。山あり谷ありの日々を支えてくれてありがとう。シモ」とメッセージを綴っている。

ハレプは昨年5月、「BNLイタリア国際」で左ふくらはぎを故障。筋断裂と診断され、全仏オープンやウィンブルドン、東京オリンピックなどのビッグトーナメントの欠場。8月中旬に復帰を果たしたものの、WTA1000大会、グランドスラムでは、いい結果が残せていなかった。

“素晴らしいスタートを切っていて”と言うとおり、今年は開幕戦の「メルボルン・サマー・セット1/2」(オーストラリア・メルボルン/WTA250)で1年4ヵ月ぶりの優勝。その後、全豪オープンではベスト16に進出し、前週開催されたWTA1000インディアンウェルズ大会ではベスト4入りを果たしていた。

なお、ハレプの欠場によって本日対戦予定だったダリア・サビル(※旧姓ガブリロワ、オーストラリア/同249位)は不戦勝で3回戦進出を決めている。

【関連記事】元世界No.1ハレプがWTA1000大会で約1年半ぶりの8強入り「1点1点を争う喜びを感じている」[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】ハレプ、ブレーク率72%で5年連続16強! 開幕から8連勝に「試合を楽しんでいる」[全豪オープン]

【関連記事】元女王ハレプが1年4ヵ月ぶりの優勝[メルボルン・サマー・セット1]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP