close

2022.03.30

選手情報

ワウリンカ、左足手術から1年ぶりに実戦復帰。37歳の誕生日を勝利で祝えずも「ポジティブな1週間だった」と前向き

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ワウリンカ、1年ぶりの復帰戦を白星で飾れず

3月29日、スペイン・マルベーリャで開催されているチャレンジャー大会「アンダルシア・オープン」に出場した元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス/世界ランク232位)。1回戦でエリアス・イマー(スウェーデン/同131位)と対戦し、2-6、4-6のストレートで敗れ、1年ぶりの復帰戦を白星で飾ることはできなかった。

【動画】ワウリンカ、37歳のバースデーケーキにニッコリ!

昨年3月の「カタール・エクソンモービル・オープン」(カタール・ドーハ/ATP250)1回戦で敗れたワウリンカは、左足の手術を決断。当初は「数週間コートを離れることになる」としていたが、回復せず。再手術を行い、実戦から1年も遠ざかっていた。

復帰戦となったこの日の試合、第1セットで2度のブレークを許して、セットを落としたワウリンカは、第2セットではリードを奪って4-1とする。だが、そこからサービスゲームを3度破られ、5ゲームを連取されてストレートで敗れた。

ATP公式サイトは、ワウリンカのコメントを掲載。「フィジカル的にも良かったし、とてもポジティブな大会だった。また大会に参加できて、感動を味わうことができたし、試合のストレスも解消できた」とコメント。

「今の自分のレベルでベストを尽くすことに集中していたし、難しいことはわかっていた。でも、全体的にポジティブな1週間でしかなかった。よく練習してきたし、これからの数週間も練習を積み重ねていくつもりだ」と、試合の勝ち負けよりも再びコートに立てたことを喜んだ。

3月28日に37歳の誕生日を迎えたワウリンカ。勝利で祝うことはできなかったが、4月10日からスタートする「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/ATPマスターズ1000)、全仏オープンに向けて、「全仏オープンまで時間がある。フィジカル的にもテニス的にも全く違うプレーヤーになるだろう。心配していないよ。今は集中して自分が望むレベルになるために集中する必要がある」とした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP