close

2022.04.06

選手情報

ティエムが復帰に自信のコメント「再びトップに戻れると考えている」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

地元TV局の取材でコメントしたティエム

2020年USオープンチャンピオンのドミニク・ティエム(オーストリア/世界ランク50位)が、オーストラリアのテレビ番組『ORFスポーツ』の取材を受けて、「再びトップに戻れると考えている」と語った。

【写真3点・動画1点】復帰戦でのティエムの写真をチェック

番組の中で“手首のケガによってテニス人生がダメになると心配ではないか?”と聞かれたティエムは、「そんなことはないよ。このケガはテニス界では有名なもので、頻繁に起こるもの。2度目に痛めた時に、医師からも『治るまで時間がかかる』とは言われたけど、彼がこれまで治療してきた選手たち、No.1になった選手は治療後、問題なく復帰している事例もあるんだ。だから、僕も再びトップに戻れると考えている」と答えた。

ティエムは3月29日にスペイン・マルベーリャで行われたチャレンジャー大会「アンダルシア・オープン」で約9ヵ月ぶりに実戦復帰。同195位のペドロ・カチーン(アルゼンチン)に3-6、4-6で敗れたものの、「コートで僕が最も好きなテニスをし、再び競技に参加できたことがどれほど嬉しかったか、想像がつくだろう。この数ヵ月、挫折を味わった後、再びプレーして競技のアドレナリンを感じることができ、改めて選手になった気分だった」と語っていた。

30日には、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表。出場を予定していたとして「ハッサン2世グランプリ」(4月4日〜10日/モロッコ・マラケシュ/ATP250)の欠場となっているティエム。早くATPワールドツアーで、元気な姿を見たいものである。

【関連記事】元世界3位のティエム、9ヵ月ぶりの実戦復帰直後に新型コロナウイルス陽性を発表

【関連記事】元全米王者ティエム、3月28日から開催のチャレンジャー大会で復帰宣言「この大会をきっかけにツアーに復帰したい」

【関連記事】元US王者ティエムが子供時代の写真を公開。インディンウェルズでの復帰に向けて順調と明かす


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP