close

2022.04.08

選手情報

セリーナ、6月末ウィンブルドンで1年ぶりの復帰へ「準備中」と明かす

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

昨年のウィンブルドン以来プレーをしていないセリーナが再始動へ

現地4月7日、グランドスラム23冠の元世界No.1、セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ/世界ランク246位)が、インスタグラムのストーリーズで、ウィンブルドン(6月27日〜7月10日)での復帰に向けて「準備中よ」と語った。

【写真】セリーナが愛娘オリンピアちゃんとコートで撮影した写真

セリーナはアメリカンフットボール選手のアーロン・ロジャース(パッカーズ)との会話をインスタグラムのストリーズに公開。
「私のカムバックについて話しているところよ」と動画の冒頭で語ったセリーナは、続けて「ウィンブルドンに向けて準備中よ。待ち遠しいわ」と発言。ロジャースに“USオープンは?”と聞かれると、セリーナ「ウィンブルドンは、USオープンより前よ。まずはウィンブルドン、とても楽しみだわ」と語っている。

ちょうどその投稿の前に、彼女のコーチであるパトリック・ムラトグルー氏は、元世界No.1でグランドスラム2冠のシモーナ・ハレプ(ルーマニア/世界ランク20位)のフルタイムコーチになると発表。ハレプからの要望を受けて、「セリーナと話をしたところ、少なくとも短期的には、他の人と一緒に仕事をする道が開かれました。この先、何が起こるか、またすぐにご報告します」と綴っている。セリーナとハレプ、どのように住み分けをしてコーチングしていくのかは興味深いところである。

セリーナは、昨年のウィンブルドン1回戦で足を痛めて途中棄権して以来、大会出場はなし。東京オリンピック、USオープン、今年の全豪オープンは、ハムストリングの故障のため欠場している。40歳のセリーナは、過去ウィンブルドンで7度優勝を果たしている。

【関連記事】元世界No.1ハレプが名伯楽ムラトグルー氏とタッグを組むと発表「新たなチャプターにワクワクしています」

【関連記事】ビーナス&セリーナの最強ウイリアムズ姉妹を育て上げた父リチャード氏

【関連記事】元世界女王セリーナ、USオープンを欠場「ハムストリングの断裂を回復させるため」。姉のビーナスも足の怪我で出場を辞退[USオープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP