close

2022.04.21

ギア情報

テニス初心者におすすめのシューズ4モデルをテニクラオンラインストア厳選紹介【2022年春のおすすめ】

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

テニス初心者に向けて、テニスクラシックオンラインストアが厳選したおすすめのシューズ4モデルを紹介

テニクラオンラインストア厳選の
テニス初心者におすすめのシューズ4モデルを紹介

ラケット選びとともに迷うのがシューズ選び。シューズはラケットほど高額ではなく、ウェアや普段履きのスニーカーと似たような感覚で見た目のデザインや価格帯で選ぶケースも少なくないだろう。特にテニスを始めたばかりの人は、ラケットと同様にどんなモデルを選んでいいのかわからない、ということも多いはず。

>>テニスクラシックオンラインストア(公式通販ショップ)はこちら

シューズを選ぶ際には、まず自分がよくプレーするコートのサーフェスの種類をチェックしよう。というのも、テニスは前後・左右、そしてジャンプや着地といったさまざまな方向への動きが不規則に、なおかつ絶え間なく続くため、フットワークがそのパフォーマンスに大きく影響する。サーフェスの種類によって、滑ったり止まったりする際のグリップ力が変わり、これがフットワークを左右するため、コートのサーフェスの種類がポイントになるからだ。

自分がよくプレーするコートのサーフェスがハードコートであれば「オールコート用(ハードコート向け、またはその他のコート)」を、クレー(土)コートや砂入り人工芝(オムニ)コートであれば「クレー・砂入り人工芝コート用」のシューズを選ぶといい。

サーフェスに対応していないシューズを選ぶと、プレー中にコートで滑りすぎたり、反対に引っかかりすぎるなど最適なフットワークがしづらくなる。また、パフォーマンスの低下につながるだけでなく、ケガをするリスクも高まるもの。特に、クレー・オムニコート用シューズをハードコートで履くのは絶対にNG。クレーやオムニコートは滑りやすいため、クレー・オムニコート用シューズはグリップ性能が高い設計になっている。つまり、ハードコートで履くと、グリップ性が高すぎてしまい、動くたびに足が引っかかって転倒するなどの恐れがあるのだ。

ちなみに、オールコート用はすべてのコートに対応可能としているが、クレーやオムニコートでの使用にはあまり向いていない。使えないわけではないが、クレー・オムニコート専用モデルに比べると滑りやすくなるので気をつけよう。

コートの種類によってシューズを変えるのが理想的だが、初心者の場合は最初から何足も使い分けるのは負担になるかもしれない。もしサーフェスの種類がわからない場合は、まずはオールコート用を選び、動けるようになってきたら、コートのサーフェスに合わせてシューズを履きかえてみてほしい。

シューズはハイランク(高価)のものになればなるほど、上級者のフットワークに耐えられる設計になっている。初心者はラケットやシューズなどを全部揃えると結構な出費になるため、まずはお財布に優しいモデルから入ってみるのがいいだろう。中でも、特にテニスクラシックオンラインストア厳選のおすすめシューズを、オールコート用とクレー・オムニコート用で各2モデル(計4モデル)紹介する。

>>【関連記事】テニス初心者におすすめのラケット12モデルをテニクラオンラインストア厳選紹介【2022年春のおすすめ】

>>【関連記事】テニスを始める人必読! 自分に合ったテニスシューズ、どのように選べばいい? 【前編】

>>【関連記事】テニスを始める人必読! 自分に合ったテニスシューズ、どのように選べばいい? 【後編】

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP