close

2022.04.22

選手情報

ダニエル太郎、18歳ルーネとの接戦を制し、1年ぶりのツアー8強入り。準々決勝で世界8位のルブレフと対戦[セルビア・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ダニエル太郎、2時間38分のフルセットマッチを制す

現地4月21日、「セルビア・オープン」(セルビア・ベオグラード/ATP250)シングルス2回戦が行われ、ダニエル太郎(エイブル/世界ランク104位)は、18歳のホルガー・ルーネ(デンマーク/同72位)と対戦。6-3、6(1)-7、6-3のフルセットで下し、ベスト8入りを果たした。

【画像】ダニエル太郎がベスト8入り! 「セルビア・オープン」シングルス組み合わせ

1回戦でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア/同78位)を2-6、6-1、7-6(2)の逆転で下したダニエルは、2回戦で昨年のチャレンジャー大会で敗れている期待の若手、ルーネと対戦となった。

ダニエルは、ブレークポイントを握られることなく、第8ゲームの1ブレークを生かして、第1セットを6-3で先取。続く第2セットでも先にルーネのサービスゲームを破り、リードを握って5-4とする。

だが、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームでマッチポイント2本を跳ね返され、ブレークを許すと、タイブレークでも3度のミニブレークを許して1セットオールに。嫌な流れとなったが、最終セットでは第2ゲームで奪ったリードを守りきって、2時間38分の戦いを制した。

ダニエルは、昨年大会に続く1年ぶりのツアー8強入り。相性の良い大会でベスト4進出を狙う。

準々決勝では、第2シードのアンドレイ・ルブレフ(同8位)と対戦。ルブレフは、2回戦で予選勝者のイジー・レヘチカ(チェコ/同93位)を4-6、7-6(1)、6-2で下し、ベスト8入りを果たしている。試合は22日のセンターコート第2試合(第1試合は日本時間22日20時開始)に組まれている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP