close

2022.05.09

選手情報

19歳アルカラス、昨年王者ズベレフを圧倒し今季4勝目! 全仏オープンへ「大きな自信になる」[マドリード・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

今季4勝目を挙げたアルカラスとコーチのファン・カルロス・フェレーロ

アルカラス、「マイアミ・オープン」に続いてマスターズ1000大会2勝目

現地5月8日、「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/ATPマスターズ1000)シングルス決勝が行われ、第7シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク9位)は、前年覇者で第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)と対戦。6-3、6-1で下し、今季3勝目を挙げた。

【動画】ズベレフを翻弄したアルカラスのドロップ&ロブショット! マッチハイライトもチェック

今大会、準々決勝でラファエル・ナダル(スペイン/同4位)、準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)をフルセットの激闘で下して勝ち上がったアルカラス。決勝でも昨年大会の王者を相手に圧巻のプレーを見せた。

地元スペインのファンの声援を背にコートに登場したアルカラス。第1セットでは、ドロップショットや角度をつけたショットでズベレフを揺さぶりクレー巧者らしい戦い方を見せ、第6ゲームをラブゲームでブレークに成功する。このリードを守り、ストローク戦でズベレフを圧倒。チャンスを与えることなく第1セットを6-3で先取した。

アルカラスは、この勢いを第2セットでも維持。コースを突いたサーブやコート深くに配球したショットでズベレフを苦しめれば、守備でも粘り強く、簡単にポイントを失わずズベレフに隙を与えない。結局、0-1の第2ゲームから3度のブレークで6ゲームを連取。4月の「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル」(スペイン・バルセロナ/ATP500)に続いて、大会史上最年少優勝で今季4勝目を手にした。

ナダル戦で負傷した右足首の捻挫に加え、水ぶくれができて歩くのも大変だったと試合後の会見で明かしたアルカラスだが、見事2大会連続でタイトルを獲得。1年前、120位だったアルカラスの世界ランクも通算5度のツアー優勝で瞬く間に上昇し、9日に更新された世界ランクでは自己最高の6位となった。

それでも「バルセロナで優勝し、今大会でジョコビッチとラファ(ナダル)に勝ったからといって自分が世界一の選手だとは思っていないよ。明日(9日)6位となるけど、1位になるにはまだ5人の選手が目の前にいる」と求めるものはさらに高い。

とはいえ、トップ10プレーヤーを3人撃破してのタイトルに「マドリードでマスターズ1000を獲得できたことは僕にとって大きな意味があるよ。ローランギャロスでタイトルを獲るために、今の僕にとって大きな自信になる」と、5月22日に開幕する全仏オープンに向けて自信を深めた。

右足首の状態を考慮し、9日に開幕する「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)は欠場するとしたが、クレーコート・シーズンの集大成となる全仏オープンでどのようなプレーを見せるのか楽しみだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP