close

2022.05.22

メーカーズボイス

プリンス「ビーストマックス100<BEAST MAX100>」を試打インプレ! スイング、スイートエリア、スピンがMAXなテニスラケット

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存





「ビーストマックス100<BEAST MAX100>」を

編集部が試打インプレ!







編集部(川)
300gとは信じられない…
スピンを使って広角に
ボールを操っていきたい人に最適

まず感じたのは、フェイス面にボールが乗っている時間が長いということ。
かなり食いつきが良く、けっこう芯から外しても同じような打感で打てるというのは、単純にすごい。相当外さないと手に外れたという振動が来ないので、体に優しいラケットと言える。

スピンでグイグイ押し込んでもおもしろいかなと思うし、ボールも伸びるので、組み立てができれば相当おもしろいラケットだなと思う。競技系ラケットとの差は、ある程度振ることができれば、スピンもかかるし、ボールの伸びも十分だということ。パワーも多少のアシストという風に感じで、飛びすぎとか、イメージよりかなり飛ぶという感じでもなく、ちょうど良い。

300gあるとは信じられないほど振り抜きが良く(体感的には280gくらいなイメージ)、スピンは自在にかけられるので、スピンを使って広角にボールを操っていきたいという人には、すごく良いラケットだと思う。打っていて、ストレスなくプレーできるし、ヘビースピンをかけて、打っていく僕にとっては、操りやすいラケット。
サーブも、けっこうフラットというより、スピンのほうが自分のイメージを再現しやすい。










編集部(広)
スイートエリアは110平方インチ級
飛びはしっかり、スピンも驚き
中高年も十分楽しめる!!

オーポートが大きくなった分、スイートエリアが大きいと紹介されているが、打っていて、本当にどこで打ってもスイートエリアという感じ。100平方インチだが、105平方インチ、110平方インチあるくらいの安心感がある。それこそフレーム付近では飛びも悪くなるが、それ以外はかなりしっかり飛んでくれる。振り抜きも非常に良いので、手元で捕らえても問題なし。追いつきさえすれば、けっこう良いボールが返球できるんだなというのがまず思ったこと。

トップスピンもしっかり打てるが、驚いたのがスライスサーブ。空中から曲がっていくようなキレキレのスライスサーブが打てるのだ。またバックハンド・スライスも糸を引くようにスーッと滑って飛んでいく。スライスは伸びてしゅーっといく、お餅のように伸びていく感じがある。

フレームは300gあるとのことだが、振り抜きが良いので、重いという感じはなし。振り抜きがいいから、スピンもかかるし、しっかり飛んでくれる。おお!と思ったのは、強いボールに対しても負けないし、ライジングでもかなりいいボールが飛んでくれるということ。面が際立つというのか、決してブレないので、本当に面を作って当てるだけでいいボールが返るのだ。特にバックボレーが打ちやすいと感じた。

もちろん、若いプレーヤーにとっても、有益なラケットであるはず。しかし、「マックスといえば、4人組ダンスグループだよねぇ」と言っちゃうような、そこまで若くはないけど、まだトップモデルを使いたいという人は、少しパワーアシストも与えてくれる、このラケットはベストチョイスになるかもしれない。ヘッド部分は、ボックス形状だから球持ちが長く、「PVS」搭載で打球感が心地よい。おそらくは中高年も好きなラケットだし、楽しめると思う。

また、レッド&ホワイトのツートーンのグロス・コスメも気に入った。オリンピックの時に、このカラーリングがあったけれど、白と赤はデザインが難しく、ダサくなりがち。しかし、“ビースト”らしいかっこよさを踏襲した中で、まとまっているラケットだと言える。







取材協力 グローブライド株式会社
フリーダイヤル  0120-506-204
https://princetennis.jp/product-category/tennis/tennis-racket/tennis-racket-beastmax

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録