close

2022.06.04

選手情報

上地結衣、粘りを見せるもデグロートに敗れて準優勝[全仏オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

先にブレークされて追う展開となった上地が悔しい敗戦

6月4日「全仏オープン」車いすテニス女子シングルス決勝、第2シードの上地結衣(三井住友銀行/世界ランク2位)は、第1シードのディーデ・デグロート(オランダ/同1位)と対戦。4-6、1-6で敗れ、準優勝となった。

【動画】上地は惜しくも準優勝、デグロート優勝の瞬間

ライバルである両者にとっての43回目の対戦(対戦成績は上地の15勝27敗)は、センターコート「コート・フィリップ・シャトリエ」の第1試合で行われた。デグロートのサーブからスタート。まずキープすると、続く第2ゲーム、上地はいきなりブレークされてしまう。

スピン系のボールをベースライン深くに、低く跳ねるスライスを短く入れてデグロートに揺さぶりをかける上地。第3ゲーム、ゲームポイントを凌いで12ポイントの末に先にブレークバックに成功する。しかし、第6ゲームから4ゲーム、ブレークが続いて上地の4-5でサービスゲームとなる。ここでデグロートは早いテンポで上地に時間を与えずに攻撃、ラブゲームでブレークし、6-4でセットを先取する。

第2セットに入ると、早いテンポでさらに厳しいコースへとストロークを配給したデグロート。第2ゲーム、第4ゲームとブレークして4ゲーム連取する。なんとか粘りたい上地は、第5ゲームでサービスゲームを破るものの、直後の第6ゲームもブレークされてしまう。デグロートのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ、15-40とチャンスを握ったが、ブレークはできず。デグロートが2年ぶり3度目の全仏制覇を果たした(13度目のグランドスラム優勝)。

上地は、このあとコート13第2試合でダブルス決勝も戦う。


■全仏オープン2022
日程/2022年5月22日(日)〜6月5日(日)
開催地/フランス・パリ:ローランギャロス
賞金総額/4,360万ユーロ(約59億円)
男女シングルス優勝賞金/220万ユーロ(約3億円)
サーフェス/クレーコート

【特集】全仏オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP