close

2022.06.27

選手情報

大坂なおみは42位を維持、ウィンブルドンは左アキレス腱痛で欠場。6/27付WTAランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

二宮真琴/穂積絵莉が今季ツアー4勝目! 大坂なおみは42位を維持、土居美咲が108位に落とす

6月27日、WTAは世界ランキングを更新。大坂なおみ(フリー)は前週と変わらず42位をキープし、土居美咲(ミキハウス)は8つ落とした108位となっている。

【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

クレーコート・シーズン初戦「ムチュア・マドリード・オープン」で左アキレス腱を痛めた大坂は、全仏オープン1回戦でアマンダ・アニシモワ(アメリカ/同25位)に敗戦。その後、リハビリを続けたものの、「私の芝への夢は絶たれた」とウィンブルドンの欠場を発表している。

前週の「ロスシー国際イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/WTA500)では、決勝でペトラ・クビトワ(チェコ)が、前年覇者のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を下し、約1年4ヵ月ぶりとなるツアー通算29勝目を挙げた。クビトワは5つポジションを上げて26位に。オスタペンコは、3つ下げた17位となっている。

また、ダブルスのみに出場していたオンス・ジャバー(チュニジア)が、今週発表のランキングで自己最高となる2位にランクインしている。

「バートホンブルク・オープン」(ドイツ・バートホンブルク/WTA250)決勝では、キャロライン・ガルシア(フランス)が、ビアンカ・アンドレスク(カナダ)に逆転勝ちし、約3年ぶりにツアー通算8度目のタイトルを獲得。ガルシアは75位から55位とポジションを上げ、アンドレスクも64位から56位へと上昇している。

同大会のダブルスでは、二宮真琴(エディオン/ダブルス同39位)/穂積絵莉(日本住宅ローン/ダブルス同40位)が、第1シードを守り切って全4試合フルセットの激闘を制し、今季4勝目を挙げている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP