close

2022.06.29

選手情報

西岡良仁、追い上げ届かず初戦敗退。世界49位ルースブオリに1-3で敗れる「細かいところで彼に軍配が上がった」[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

西岡良仁、世界49位に敗れ2年連続2回戦進出ならず

現地6月28日、ウィンブルドン男子シングルス1回戦が行われ、西岡良仁(ミキハウス/世界ランク101位)は、エミル・ルースブオリ(フィンランド/同49位)に2-6、2-6、6-4、4-6で敗れ、2年連続の2回戦進出とはならなかった。

【画像】1回戦全試合が終了! 「ウィンブルドン」男子シングルス組み合わせ

2020年大会の中止をはさんで、2018年から4大会連続5度目のウィンブルドン本戦入りを果たした西岡。体調不良のため前哨戦を戦えないまま今大会を迎えた。

初戦の相手は、過去2敗を喫しているルースブオリ。直近では、4月のクレーコート大会ATP250ミュンヘン1回戦で対戦し、6(5)-7、5-7で敗れている。

この日の試合、西岡は序盤からスピンの効いたフォアハンドとフラット系のバックハンド、そしてスライスを組み合わせ、ルースブオリを揺さぶりポイントを獲得していく。だが、第6ゲームで40-0からフォアハンドにミスが生まれてブレークを許すと、第8ゲームも落として2-6で奪われる。

第2セット、西岡はストローク戦だけでなく、ネットプレーでリズムを作ろうとするものの、ルースブオリもすぐさま対応。第6ゲームで先にブレークを許すと、第8ゲームでもフォアハンドのミスが止まらない。2度目のブレークをされて、第2セットも2-6とあとがなくなる。

なんとか取り返したい西岡は第3セット、フォアハンドのループボール、バックハンドのテンポ速い攻撃でルースブオリを崩しにかかる。第3ゲームではブレークポイントを逃したものの、徐々にリズムを取り戻すと、第7ゲームでこの試合初めてブレークに成功。直後のサービスゲームも0-30とプレッシャーのかかる場面だったが、これをしのぐとサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームもブレークポイントを防いで6-4。セットを奪い返した。

そのまま、勢いに乗りたい西岡は第4セット、長いラリーでルースブオリのミスを誘い、ポイントを奪う。一方でルースブオリはショートポイントで決めにいく。互いに一歩も譲らずサービスキープが続いた第10ゲーム、4-5で迎えた西岡はルースブオリの積極的な仕掛けを守り切れず、15-40に。デュースに持ち込むも、4度目のマッチポイントでバックハンドがわずかにラインを割ってゲームセット。西岡は2年連続の2回戦進出とはならなかった。

試合後、西岡は大会前に体調を崩したことで調整ができなかったとし、芝コートに順応することが難しかったとコメント。「第3セットから調子が上がってきて、チャンスはあったんだ。第4セットも接戦だったけど、細かいところで彼に軍配が上がった」と試合を振り返った。

2回戦でルースブオリは、第21シードのボティック・ファン・デ・ザンツフルプ(オランダ/同25位)と対戦する。


■ウィンブルドン2022 [THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4035万ポンド(66億6160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP