close

2022.06.28

選手情報

ワウリンカ、敗戦にショックも「自分は本当に高いレベルに戻ることができると信じている」と継続して鍛え続けると前向き発言[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シナーに敗戦し、「本当に悔しい思いをした」と語ったワウリンカ

現地6月27日、ウィンブルドン男子シングルス1回戦、第10シードのヤニック・シナー(イタリア/世界ランク13位)に敗れたスタン・ワウリンカ(スイス/同267位)は、記者会見で「もう一度、練習に戻って自分を信じてやり続ける以外に選択肢はない。自分は本当に高いレベルに戻ることができると感じているし、信じているからなんだ」と語った。

【動画】ワウリンカがネットに出るも、シナーにパスを決められたシーン

昨年2度に渡って左足の手術を受け、今年3月にチャレンジャー大会で復帰を果たした37歳のワウリンカにとって、ウィンブルドンには特別なグランドスラムである。それというのも、2014年に全豪オープン、2015年に全仏オープン、2016年にUSオープンを制しており、芝で頂点に立てば、キャリア・グランドスラム達成となるからだ。

しかし、シナー戦では激しい打ち合いの末に、5-7、6-4、6-3、6-2で敗戦。「いくつかポジティブなことがあったが、今は、それに満足というより、ガッカリしている。もっともっとやれたと思うんだ。今日の自分のレベルを見て、試合の中で本当に悔しい思いをした」と悔しさをあらわにしたワウリンカ。

さらに、「継続して鍛え続けるしかないんだと思う。確かに、少し考えすぎているところはある。それでも、私は自信を取り戻したいんだ。そのためには勝利が必要。今日みたいな試合は、何の役にも立たない。ただ、これもプロセスの一部であり、ポジティブでいる必要がある。自分に対してすごくフラストレーションがあるけど、もう一度、練習に戻って自分を信じてやり続ける以外に選択肢はない。自分は本当に高いレベルに戻ることができると感じているし、信じているからなんだ」ともっと高いレベルでプレーができると信じていて、それに向かって練習するしかないと語った。



■ウィンブルドン2022
[THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4,035万ポンド(66億6,160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3,030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP