close

2022.06.29

選手情報

錦織圭、7月下旬のアトランタ大会に出場へ。今年1月の股関節手術を経て昨年10月のツアー大会以来

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、8月のワシントン大会に続いてアトランタ大会にもワイルドカードで出場

7月25日にスタートするハードコート大会「アトランタ・オープン」(アメリカ・アトランタ/ATP250)は、大会の公式SNSで出場選手の一部を明らかにし、今年1月の左股関節手術からリハビリを重ねる錦織圭(ユニクロ/世界ランク114位)が名を連ねた。

【動画】大会がSNSで出場選手を発表! 錦織圭の出場に歓声と拍手

8月29日に開幕するUSオープンに向けて行われる北米ハードコート・シーズンの大会の一つである同大会は、今年の出場選手を発表。

キャメロン・ノリー(イギリス/同12位)を筆頭に、同大会過去6度の優勝を誇るジョン・イズナーやテイラー・フリッツ、ライリー・オペルカなどのアメリカ勢やニック・キリオス(オーストラリア/同40位)、アンディ・マレー(イギリス/同52位)らの名前の中に、ワイルドカード(主催者推薦)を得た錦織の名前も入った。

錦織は、2012年大会に出場しており、出場が実現すれば10年ぶりとなる。

先週には8月1週目の「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントン/ATP500)の出場も発表されており、現在のところアトランタ大会が復帰戦となりそうだ。

<2022年アトランタ・オープン出場選手>
キャメロン・ノリー(イギリス/同12位)
テイラー・フリッツ(アメリカ/同14位)
ライリー・オペルカ(アメリカ/同18位)
ジョン・イズナー(アメリカ/同24位)
アレックス・デミノー(オーストラリア/同27位)
フランシス・ティアフォー(アメリカ/同28位)
ミオミール・ケマノビッチ(セルビア/同30位)
トミー・ポール(アメリカ/同32位)
ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ/同34位)
ニック・キリオス(オーストラリア/同40位)
イリヤ・イバシュカ(同44位)
マキシム・クレッシー(アメリカ/同45位)
セバスチャン・コルダ(アメリカ/同46位)
アンディ・マレー(イギリス/同52位)
マッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同55位)
ブランドン・ナカシマ(アメリカ/同56位)
マルコス・ギロン(アメリカ/同65位)
ブノワ・ペール(フランス/同73位)
ジェームス・ダックワース(オーストラリア/同74位)
WC 錦織圭(ユニクロ/同114位)
WC アンドレス・マーティン(アメリカ/ジョージア工科大学)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP