close

2022.07.16

大会情報

テニス以上の何かが得られる! アルカラスやティエムも出場した10歳以下のジュニア世界大会「スムリクバボウル」について徹底紹介!〈前編〉

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

過去にはティエムやアルカラスらも出場! 10歳以下のジュニアテニス世界大会「スムリクバボウル」について徹底紹介! 写真は大会主催者のMiodrag氏と日本から出場した中西梨瑚(なかにし・りこ)選手


どうしたら出場できるのか!?
大会への参加資格と応募方法について紹介

●参加資格&応募方法
参加資格としては、その年に10歳になる選手のうち、各国のナショナルランキングにおいて1位あるいは2位の選手という規定がある。また、各地で行われる選考会における優勝者も大会への参加が可能だ。

その他「我こそは!」と思う選手は、自らをエントリーすることも可能。エントリーに必要なものは以下の通り。

(1)アプリケーションフォーム(応募申請書)
(2)ドリームレター(将来の夢について。例えば、どんな選手になりたいか、など)
(3)フォアハンド、バックハンド、スライス、ボレー、サーブ、スマッシュなど基本的なショットと、フットワークを高めるラダードリルを一通り撮影した動画をYouTubeにアップしたリンク
(4)過去にスムリクバボウルに出場したアンバサダーからの推薦状(2通)
(5)モチベーションレター(自己紹介と志望動機が書かれたもの)
(6)ランキングの証明と過去の実績

選考結果は、大会主催者から直接メールで通知される。主催者側は各選手の情報を細かくチェックしているので、申し込みを行う場合は十分な時間の余裕をもって準備したい。実際の今年の開会式では、大会主催者が各選手の情報を暗記し、紹介を行っていた。各選手が重要な選手として招待されたのだと感じさせてくれる素晴らしい試みだ。

●日本では「キッズテニス」が選考会を主催
日本における選考会は「キッズテニス」という団体が主催している。「スムリクバボウル」との信頼関係も深く、選考会において選ばれた者はキッズテニスのキャンプに参加し、コーチ帯同のもと「スムリクバボウル」に参戦することが可能だ。

コーチが帯同することで、現地で行われる試合前後の練習や海外の選手との合同練習も手配してもらうことができる。また「スムリクバボウル」の後も、近隣で行われる大会に毎週参加しながら約1ヵ月間海外でのテニスを経験することができる。

テニス選手を夢見る子どもたちにとって、大会での結果を問わず世界レベルのテニスを早いうちに知ることは大きな意味がある。テニスでプロを目指すなら当然世界で戦わなければならないので、早いうちに海外で外国人相手に試合をする経験を積むことは非常に重要だ。

「キッズテニス」公式ホームページ
https://kids-tennis.com/

くじ引きやオリーブの植樹など
大会期間中にはさまざまなイベントが行われる!


選手がもらえる大会のグッズ。写真のものに加えTシャツも用意されていた

開会式や閉会式に加え、大会中は数多くのイベントが用意されている。くじ引きやピザパーティー、近隣の町へのエクスカーション(遠足)など選手や家族が楽しめるアイデアが盛りだくさんだ。中でも、オリーブの木を植樹してオリーブオイルをもらうというイベントは「スムリクバボウル」の伝統的な側面を反映しており、また実際にオリーブオイルは滞在期間中の炊事にも役立つのでありがたかった。


選手に配られるオリーブオイル

試合前後に使える練習コート


早朝のスムリクバカントリークラブ

試合前の練習は、大会会場であるスムリクバカントリークラブで朝6時から行うことができる。使用したい場合は前日までに大会主催者にその旨を伝える。現地で知り合った選手同士が翌日の朝一緒に練習する風景も多く見られた。

近隣にもクレーコートがたくさんあるため、各自で予約することができる。以下の「バルカン・テニスコート(Valkane Tennis courts)」はビーチからも近く、練習後に海で遊ぶことも可能だ。


〈バルカン・テニスコート(Valkane Tennis courts)〉
52100, プーラ, クロアチア
8時から22時まで(※「9時から」と言われる場合もある。コート数が多いので直接行って予約すればOK)


バルカン・テニスコートで練習

以上、前編では、「スムリクバボウル」大会概要や過去に出場したプロ選手、大会会場の「スムリクバカントリークラブ」や大会の出場方法を紹介した。次の後編では、2022年大会で活躍した日本人選手や大会期間中に行われるイベント、周辺のレストラン情報などを紹介する。


【後編はこちら】テニス以上の何かが得られる! アルカラスやティエムも出場した10歳以下のジュニア世界大会「スムリクバボウル」について徹底紹介!〈後編〉

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=山根ゆずか

注⽬の記事PICK UP