close

2022.08.01

選手情報

ダニエル太郎、綿貫陽介が予選を突破! 西岡良仁を含め日本人3名が本戦へ[シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

本戦入りを果たした綿貫陽介(写真左/田沼武男)とダニエル太郎(Photo by Getty Images)

ダニエル太郎、綿貫陽介がストレートの快勝で予選突破

現地7月31日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/ATP500)シングルス予選決勝が行われ、ダニエル太郎(エイブル/世界ランク101位)と綿貫陽介(フリー/同238位)が本戦入りを決めた。

【画像】日本人3名が出場!「シティ・オープン」シングルス組み合わせ

2試合勝ち抜くと本戦入りできる今大会の予選。予選第1シードのダニエルは、予選1回戦でワイルドカード(主催者推薦)のノア・ルビン(アメリカ/同520位)を6-2、6-0で下して予選決勝に進出し、第10シードのアレックス・リバコフ(アメリカ/同299位)と対戦となった。

ダニエルは安定感のあるサービスゲームを見せ、順調にキープを続ける。すると、4-3の第8ゲームで相手が3本のダブルフォールトを犯し、ブレークに成功。6-3で第1セットを奪う。続く第2セットでも第3ゲームでブレークしたダニエルは、このままリードを保って6-4で締め、相手にブレークポイントを握らせないままストレートで勝利した。

試合を通して、ダニエルは6本のエースを奪うとともに、ファーストサーブでは93%、セカンドサーブでは75%と高いポイント獲得率で相手にチャンスを与えなかった。

本戦1回戦では、ワイルドカードのJ.J.ウルフ(アメリカ/同103位)と対戦する。

また、第9シードの綿貫はベスト8入りした5月のATP250リヨン大会以来、怪我のリハビリで芝シーズンを欠場。先々週のチャレンジャー大会で復帰したものの、先週は新型コロナウイルス陽性となっていた。今大会予選1回戦では、ワイルドカードのアンドリュー・フェンティ(アメリカ/同1652位)が第2セット途中で棄権し、予選決勝に進出している。

その予選決勝では、第4シードのミッチェル・クリューガー(アメリカ/同170位)と対戦。第1セットでは互いにサービスキープが続き、タイブレークに突入すると、ここで3度のミニブレークに成功し7-6(1)で奪う。第2セットも第6ゲームでリードした綿貫は、直後の第7ゲームでピンチを迎えたが、3連続サービスエースでキープ。6-3で締めて、今季2度目のツアー本戦入りを果たした。

本戦1回戦では、先週のチャレンジャー大会でヒザの怪我から約1年9ヵ月ぶりにシングルスの復帰を果たしたばかりである元世界ランク14位のカイル・エドムンド(イギリス/同496位)と対戦する。

望月慎太郎(IMG Academy/同353位)も予選決勝に進んでいたが、第2シードのドミニク・コプファー(ドイツ/同141位)に3-6、4-6で敗れた。

なお、本戦ストレートインの西岡良仁(ミキハウス/同92位)は、1回戦でジェンソン・ブルックスビー(アメリカ/同43位)と対戦する。

※ランキングは7月25日付のもの

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP