close

2022.08.02

選手情報

ダニエル太郎、セカンドサーブを叩かれ世界99位にストレートで敗戦「リカバリーして次に備えて行きます」[シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ダニエル太郎、好調だったサービスゲームでリズムを作れず初戦敗退

現地8月1日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/ATP500)シングルス1回戦が行われ、予選勝者のダニエル太郎(エイブル/世界ランク94位)は、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のJ.J.ウルフ(アメリカ/同99位)と対戦。2-6、3-6のストレートで敗れた。

【画像】ダニエル太郎、約3年3ヵ月ぶりにトップ100に復帰!「学びながら進んでいきます」と綴ったSNSをチェック

今大会、予選からの出場となったダニエルは、サービスゲームで相手にブレークポイントを握らせることなく2連勝。快勝で前週のATP250アトランタ大会に続いて、ツアー本戦入りを果たした。

だが、この日は好調だったサーブも影を潜めた。1回戦の相手は、2019年11月のチャレンジャー大会で敗れているウルフ。第1セット、ダニエルはウルフにセカンドサーブを叩かれて、第2ゲームで今大会初めてブレークを許す。さらに、第4ゲームもリターンからプレッシャーをかけられ、ダブルフォールトでサービスゲームを落とし0-4に。第5ゲームで一つ返したものの、第8ゲームで再びブレークされて2-6でセットを落とす。

続く第2セットでもセカンドサーブを狙われたダニエル。第4ゲームでファーストサーブ確率が落ちたところで、ウルフが速いリターンをコート深くに配球。4球目で攻撃されるパターンを作られてブレークを許す。ウルフのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームで0-40とチャンスを握ったが、挽回することができず3-6と、ストレートで敗れた。

試合後、ダニエルは自身のSNSを更新。「ワシントン本戦1回戦負けました。残念ながら今日は力が尽きてしまい相手の良いプレーに押されました。リカバリーして次に備えて行きます」と綴るとともに、今週のランキングで約3年3ヵ月ぶりにトップ100に復帰。「3年ぶりに100位以内に入る事ができました。そしてファンの方が教えてくれましたがキャリア初の日本1位です!次」

「特に意識していた目標ではなかったですがたまに知らなかったビックリな達成の方が嬉しい時もあります。シーズンはまだまだ続いて行きますので引き続き学びながら進んでいきます。応援いつもありがとうございます!」と、さらなる飛躍を目指していくとした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP