close

2022.08.20

スクール情報

ルブレフの練習拠点! スペインのテニスアカデミー「4スラム・テニス・アカデミー」の練習内容や施設などを紹介

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

気になるトレーニングの内容を紹介

サマーキャンプ中のトレーニングは、午前にテニス1.5時間とフィットネストレーニング1.5時間、午後はテニス1時間とフィットネストレーニング1時間というスケジュールだった。午前はコーチとのドリルが多く、午後は他の選手とマッチプレーを行うことが多かった。午前のドリルではストロークやボレーなどのスキルを磨く練習を行い、午後のマッチプレーは結果によって次に戦う相手が変わる。コーチがその内容を見極めて、次の日のドリルの内容を組んでいるようだった。

このアカデミーでは、各選手に担当コーチがつくものの、普段の練習はすべてのコーチをローテーションで経験するスタイルを採用している。そのため、日常の練習を通じてすべてのコーチと知り合う機会が得られる。



コーチからのフィードバックを得ることができる

たとえトレーニング期間が短い場合でも、コーチからのしっかりしたフィードバックを受け取ることができるのも魅力の一つだ。トレーニング終了後に事務を行っているアリヤさんからメールが送られてくる。もし来ない場合はこちらから問い合わせることで、コーチによるレポートをもらうことができる。

アカデミーに入学するためのトライアウトはない

同アカデミーでは、年間プログラムに参加するためのトライアウトを実施していない。理由としては、数日のトライアウトでは選手が持つ本来の力を確認することはできないから、だそうだ。そのため、年間プログラムに入りたい場合は個別にマネジメントを行うアリヤさんに相談することになる。

現在所属しているジュニア選手の年齢は10歳以上で、アカデミー内に居住できるのは基本的に14歳以上だ。理由としては、アカデミーでの居住には基本的に選手の生活を管理する大人が常駐していないから。14歳以下でアカデミーに所属する場合は親が帯同するか、コーチに相談をしてコーチの自宅に宿泊することになる。

この“コーチ宅宿泊スタイル”は、スペインではかなり一般的だ。中規模程度のアカデミーであれば、多くの場合このスタイルでの受け入れを実施している。

レストランはとてもおいしい!

アカデミーにおいて長時間のトレーニングを行うのであれば、アカデミー内で用意されている食事は非常に重要となる。少なくとも毎日のランチ、多い場合は朝、昼、晩と同じレストランで食事をとることになるからだ。

その点、同アカデミーのレストランは非常にレベルが高いと言える。ランチで言えば、毎日3種類から選ぶことができ、フルーツやヨーグルトなども常に用意されている。ルブレフとの練習に訪れていたティエムも、帯同している弟と一緒に食堂で食事をしていた。

アカデミー内の学校について

アカデミー内に学校があるわけではなく、選手はオンラインスクーリングか提携する学校に通うことになる。中学生以下の低年齢の選手が学生ビザを得るためには、スペインにある学校に週20時間以上在籍する必要がある。そのためオンラインスクーリングをしている場合は注意が必要だ。同アカデミーでは、提携している学校もあるため、直接学校の担当者に相談にのってもらうことができる。

ビザの取得については、アカデミーによってもサポート体制がさまざまなので、アカデミーに任せるのではなく自分でどのような選択肢があるのか確認しておくことが大切だ。

14歳から検討したいアカデミー

どのアカデミーもそうだが、14歳以上からアカデミー内に居住することが可能なため、14歳以上で検討するとちょうどいい。逆に言えば、それくらいの年齢までは体の大きさにも差があり、誰がどの程度ポテンシャルがあるプレーヤーなのかアカデミー側も見極めにくく、プロに直結する本格的なトレーニングを行うのはもう少し年齢を重ねてからになる場合が多い。日本から高額な費用をかけて家族の帯同付きで行くのであれば、その効果を十分見極めることが大切になるだろう。

多くのプロを育てている素晴らしいシステムを擁する「4スラム・テニス・アカデミー」は、アカデミー内に学校を擁していないことからも、大学進学を考えているジュニアよりもプロを目指すジュニアに合ったアカデミーだと言えそうだ。



【関連記事】世界ランク最高15位のデミノーやトップ選手たちが練習拠点とする“40(15 Club Deportivo”の練習に参加! どんなテニスアカデミーなのか練習内容や施設・環境などを詳しく紹介〈前編〉

【関連記事】スペインの“JCフェレーロ・アカデミー”で練習を体験! どんなテニスアカデミーなのか練習内容や施設・環境などを写真とともに紹介〈前編〉

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP