close

2022.09.03

選手情報

青山修子が女子ダブルス3回戦へ! セリーナは3回戦で敗退。大会5日目(9/2)男女シングルス3回戦合計16試合の結果[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジュニアの部予選がスタート、日本勢は4選手が登場

現地8月29日に開幕した、今年最後のグランドスラムとなるUSオープン。大会5日目となる現地9月2日、男女シングルス3回戦(男子はトップハーフ、女子はボトムハーフ)、男女ダブルス、混合ダブルスの2回戦が行われた。

【表】USオープン2022大会男女シングルス、トーナメント表(勝ち上がり表)はこちら

日本人選手では、女子ダブルス2回戦で青山修子(近藤乳業/女子ダブルス世界ランク15位)/チャン・ハオチン(台湾/女子ダブルス同51位)がストレート勝ちし、3回戦へ駒を進めた。

男子シングルスでは、第1シードのダニール・メドベデフ(男子世界ランキング1位)や全仏オープン準優勝のキャスパー・ルード(ノルウェー/男子同7位)、ウィンブルドン準優勝のニック・キリオス(オーストラリア/男子同25位)らシード勢が4回戦へ進出。この日の注目カード、元世界No.1アンディ・マレー(イギリス/男子同51位)と第13シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/男子同14位)の一戦は、ベレッティーニに軍配が上がった。

女子では、ウィンブルドン準優勝のオンス・ジャバー(チュニジア/女子同5位)、第12シードのココ・ガウフ(アメリカ/女子同12位)らが4回戦へ。そして引退意向のセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ/女子同605位)は約3時間の激闘の末、アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア/女子同46位)にフルセットで敗れた。

また、大会5日目はジュニアの部予選がスタート。男子では、第7シードのジョーンズ怜音(tennium)、第10シードの三好健太(桜田倶楽部)、今年3月に行われた第45回全国選抜高校テニス大会の個人戦で優勝し、ワイルドカードを手にした森田皐介(柳川高)、同じく女子で優勝した長谷川晴佳(野田学園高)が出場したが、4選手とも初戦を突破することはできなかった。

大会5日目、男女シングルス3回戦合計16試合の結果は以下のとおり。


〈男子シングルス3回戦試合結果〉
※[ ]内の数字=シード順位、WC=ワイルドカード(主催者推薦)、Q=予選勝者、LL=ラッキールーザー

D.メドベデフ[1] 6-4 6-2 6-2 Y.ウー(中国)Q
N.キリオス(オーストラリア)[23] 6-4 6-2 6-3 J.J.ウルフ(アメリカ)WC
P.カレーニョ・ブスタ(スペイン)[12] 6-1 6-1 3-6 7-6(5) A.デミノー(オーストラリア)[18]
K.カチャノフ[27] 6-3 4-6 6-5Ret J.ドレイパー(イギリス)
-----------------------------------
A.ダビドビッチ・フォキナ(スペイン) 6-4 5-7 6-4 6-4 D.ガラン(コロンビア)Q
M.ベレッティーニ(イタリア)[13] 6-4 6-4 6(1)-7 6-3 A.マレー(イギリス)
C.ムーテ(フランス)LL 6-3 4-6 6-2 7-5 P.カチン(アルゼンチン)
C.ルード(ノルウェー)[5] 7-6(3) 6(5)-7 7-6(2) 5-7 6-0 T.ポール(アメリカ)[29]

〈女子シングルス3回戦試合結果〉
S.ジャン(中国) 6-2 6-4 R.マリノ(カナダ)
C.ガウフ(アメリカ)[12] 6-2 6-3 M.キーズ(アメリカ)[20]
C.ガルシア(フランス)[17] 6-3 6-2 B.アンドレスク(カナダ)
A.リスケ(アメリカ)[29] 6-4 3-6 6-4 X.ワン(中国)
-----------------------------------
O.ジャバー(チュニジア)[5] 4-6 6-4 6-3 S.ロジャーズ(アメリカ)[31]
V.クデルメトワ[18] 6-2 6-0 D.ガルフィ(ハンガリー)
L.サムソノワ 6-3 6-3 A.クルニッチ(セルビア)
A.トムヤノビッチ(オーストラリア) 7-5 6(4)-7 6-1 S.ウイリアムズ(アメリカ) 

〈日本人女子ダブルス2回戦の試合結果〉
青山修子(近藤乳業)/H.チャン(台湾)[15] 6-2 6-2 K.クリスチャン/L.マロザワ(ともにアメリカ)



■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)

【特集】USオープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP