close

2022.09.04

選手情報

世界No.1メドベデフ対キリオスは必見! 日本人は女子ダブルスの青山修子、柴原瑛菜、ジュニアの部と5選手が登場、USオープン大会7日目の見どころ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

メドベデフとキリオスは見逃せない一戦!

現地9月4日、USオープン7日目、男女シングルスは4回戦に突入。日本人選手では、女子ダブルス2回戦に青山修子(近藤乳業/女子ダブルス世界ランク15位)、柴原瑛菜(橋本総業HD/女子ダブルス同13位)が登場するほか、ジュニアの部1回戦に4選手が登場する。

【表】大会7日目(現地9月4日)の試合予定&男女シングルス勝ち上がり表(日本語版)

女子ダブルス第15シードの青山/チャン・ハオチン(台湾/女子ダブルス同51位)は、コート17第1試合(日本時間5日0時開始予定)で、第3シードのバルボラ・クレチコワ(チェコ/同7位)/カテリーナ・シニアコワ(チェコ/同3位)と対戦する。昨年の全仏オープン、今年の全豪オープン、ウィンブルドンで優勝している強敵ペア相手だけに、タフな戦いとなりそうだが、なんとか競り勝ちたいところ。

続いて、同コート第2試合では、第9シードの柴原/エイジア・ムハンマド(アメリカ/女子ダブルス同33位)は第5シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ/ダブルス同8位)/ジウリアナ・オルモス(メキシコ/ダブルス同12位)に挑む。

男子シングルスで注目は、センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムのナイトセッション第1試合(日本時間5日8時開始予定)、前年王者で男子第1シードのダニール・メドベデフ(男子同1位)とウィンブルドン準優勝のニック・キリオス(オーストラリア/男子同25位)の一戦だ。共にビッグサーブを持ち、強力なストロークも持っている。見応えある試合になることは間違いないだろう。
対戦成績はキリオスが3勝1敗でリード。今年の全豪オープンではメドベデフが勝利しているが、8月のATPマスターズ1000カナダ大会ではキリオスが勝利している。

そのほかセンターコートでは第1試合(日本時間5日1時開始予定)に第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/男子同7位)が、第2試合で第12シードのココ・ガウフ(アメリカ/女子同12位)が、ナイトセッション第2試合でウィンブルドン準優勝の第5シード、オンス・ジャバー(チュニジア/女子同5位)が登場する。

ルイ・アームストロング・スタジアムでは、第1試合(日本時間5日0時開始予定)の第13シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同14位)対アレハンドロ・ダビドビッチ・フォキナ(スペイン/同39位)が注目だ。

そのほか、ジュニアの部は本日から本戦がスタート。男子では坂本怜(チェリーテニスクラブ)がコート10第4試合、松岡隼(桜田倶楽部)がコート12第3試合、女子では石井さやか(HSS)がコート7第3試合、木下晴結(LYNX Tennis Academy)がコート8第2試合で1回戦に挑む。日本テニスのホープたちの活躍に期待したい。



■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)

【特集】USオープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP